スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【選手の特徴】 高橋大輔選手 #01

昨晩あたりから、当ブログへのアクセスが普段の数倍に激増しています。

アクセスありがとうございます!(下のブログ村のリンクを押して下さった方は特に!)

どこかの大きなブログさんで紹介されたらしいですが…?

…叩かれていませんように…。

 

==========

 

今回は高橋大輔選手の特徴を書いていこうと思います。

TVなんかでもさんざん「イケメン」とか「スケートが上手」とか「ステップ最高」とか言われているので、高橋大輔選手の良い点についてはご存知の方も多いと思います(イケメン…というかルックスは、スケートの実力とは関係ありませんが、人気には関係しますよね)。

でも、悪い点に関してはTVでは全く触れないんですよね。

局の要請で触れないのか、あるいは解説者の「スケートを見る目」が無いだけなのか、はたまた知っていて大人の判断で触れないのかは分かりませんが、これは高橋大輔選手に限らず、他の選手(特に日本人選手)についても当てはまり、TVでは全般的に褒めちぎるような傾向があります(明らかなミスは流石に指摘しますが)。

最近は解説者のお仕事をされなくなりましたが、佐藤有香さんが解説席に座ったときには、スケーターならではの視点で良いところ・悪いところをズバッと指摘しておられたのが印象的でした(もっとも、近年は丸くなった印象です)が…そういった本当の解説はもう聞けないのでしょうか…。

…と、それはともかく、良い点・悪い点の区別無く、私なりの「スケートを見る目」から見た高橋大輔選手の特徴を書いてみたいと思います。

 

(注意)以下に書くことはあくまでも私見です。参考意見程度に読んで下さい。

 

●踊りが上手

「表現力」とは言いません(個人的にあまり好きではないんです、この言葉)。

踊りがとても上手です。

TVで見かける現役男子シングルの選手の中では、個人的にはダントツで一番です。

圧巻だったのが、昨シーズンのSPの白鳥の湖のヒップホップ部分でしょうか。

あそこまで「まともに観れる」レベルで同じ踊りのできる選手は、現役男子シングル選手の中では他にいないんじゃないでしょうか。

コリオグラファー(振り付け師)の力も大きいのかもしれませんが、仮に同じ振り付けを同じコリオグラファーから他の現役選手が教わったとしても、同じレベルにまでは至れない(何となくは真似れても、どこか踊りとして未熟な印象を受けることになると思われる)でしょう。

…そういった印象を受けました。

といった説明を私がするまでもなく、踊りの上手さは皆さんならよくご存知だと思います。

参考VTR:高橋大輔選手

 

●スケートが上手

単に「スケート」と単語が出てきた場合、それは「滑る技術そのもの」を指す…つまり「スケーティング(具体的にはフォアクロスとバッククロス。特に後者を重視)・ステップシークエンス・それら以外の部分でのステップ」を指すと個人的には考えています。

そんなスケートが、高橋選手は上手です。

前回のエントリーで、私は高橋選手の膝の柔らかさについて、11段階評価(10~0)で「4~3」と評しました。

つまり、「膝が少し硬い選手」と評したわけです。

しかし、そのエントリーでは「膝が柔らかい選手の方がスケートが一般的に上手」といった感じのことも書いています。

この点、矛盾してるんじゃないか…と思われた方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

でもそうではありません。

…そう、高橋選手は、膝が硬い選手としては珍しくスケートの上手な選手なんです。

ただし、完全無欠にスケートが上手というわけではありません。

スケートについて膝の硬さに伴う(と思しき)欠点も抱えています(後述の「幾らか欠けているスケートの本質部分」)。

それでもやはり上手と評するのは何故か?

「カタチ」がスケーターの理想像(※)に近いのです。

(※)基礎練習を積み重ねていく中で、スケーターの頭の中には、「こう動くのが理想的」といった、ある種の理想が徐々に出来上がってきます。その理想は人によって異なることもあるでしょうが、基礎を突き詰めていくと、おおよそ一つの像に集約されていくと考えています。それがここで言う「理想像」です。

スケーティング時のポージング・一歩一歩の乗りの明確さ、ターン時等の上半身の使い方・膝の使い方・フリーレッグの動き・エッジの乗り…といった「見た目のカタチ」が理想像に近いのです。

なので、スケーターにとっては上手に見えるのです。

…ただし、「見た目のカタチ」と括弧で強調したことからも分かるとおり、あくまでも外見が理想像に近いと考えています(※)。

(※)見た目・カタチ・外見…と書くと中身が無く、重要な要素でないように見えますが、そうではありません。膝の使い方・上半身の使い方・フリーレッグの使い方…等々も合理的な理由に基づいた動きができているからこそ理想像に近くなるのであり、合理的な動きだからこそスケートに良い影響を与えるわけです。なので、勿論それらも重要です。

つまり、スケートの本質部分で幾らか欠けているところがある(全く欠けているわけではない)…と私は考えているということです。

では、その「幾らか欠けているスケートの本質部分」とは何か?

それが、前回のエントリーで膝が柔らかい場合のメリットとして最初に挙げた「スケートの一歩一歩の押しの効率が良く、一歩で得られる推進力が大きくなる」という「スケートの一歩一歩ののび」です。

確かに、高橋選手にも「のび」はあります。

ただし、その「のび」はパワー(筋力)に大きく依存した「のび」であり、効率の良さ(少ないパワーで大きな推進力)からくる「のび」という感じはあまりしない…そのように思えます。

何故そのように思えるか…ですが、それを文章で伝えるのはかなり困難で、説明したとしても、理解を得るためにはスケートの経験がある程度必要になるでしょうから、詳しくは説明しません。

代わりに、上手なスケートができる選手の代表として佐藤有香選手のビデオを見ることをお勧めします(佐藤有香選手は「全てのコーチが自分の教え子にこのような選手に育って欲しいと願う選手」という話を聞くほど、優秀なスケートの持ち主です。おそらくスケートに関してはフィギュア史上ベストかもしれません)。

スケートにおいて佐藤選手にあって高橋選手にないもの…それが感じ取れるようでしたら、上述のことも理解してもらえると思います。

…余談ですが、上述の「パワー」については、4回転ジャンプが安定するに従って…すなわち4回転ジャンプを安定させるための筋力が付くに従って大きくなっていったような印象を受けます。

そして、そんな大きなパワーが身に付いたからこそ、楽に一歩で推進力が得られるようになり、バッククロスなんかで以前より少し神経が行き届いていない(楽にスピードが出るから少し手を抜いている)ような印象を受けるのかな…と思ったりします。

参考VTR:佐藤有香選手

…と書いてきましたが、こういった部分は(大事な部分でもありますが)本当に微妙な部分です。

PCSのスケーティングスキルの項目に直接の影響を与えるものでもないでしょう。

大事なのは、そういった問題もあれど、高橋選手のスケートにはスケーターとして共感できる部分が多くあるということです。

そんな共感できるスケートの持ち主ということでは、現役男子シングル選手の中では、高橋選手は小塚崇彦選手と共にトップに位置すると思っています。

 

 

(つづく)

スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/03/05 18:03] | 選手関連 | トラックバック(1) | コメント(11) | page top
<<【選手の特徴】 高橋大輔選手 #02 | ホーム | 「膝の柔らかさ」とは?>>
コメント
フィギュアスケートYou-tube動画ブログというブログで紹介されたからだと思いますよ。私もきのうそこでここのブログを知り覗かせてもらいました。もと選手の方のブログだと知りこれからも興味ぶかくみさせてもらいたいです。フィギュアスケートYou-tube動画ブログもフィギュアファン達のあいだで今のルールのことなどいろいろ議論されておもしろいですよ。また今のルール(特にDGによる二重減点)をおかしいと感じた方が発起人になってルール見直しのネットでの署名活動なども行われたりしています。(1800くらいの署名が集まりました)バンダ師匠さまは今のルールをどう思われますか?元選手としての意見を聞かせていただければうれしいです。
[2009/03/05 23:44] URL | KOKO #uEyrfSqg [ 編集 ]
よくTVなどでヨナ選手は表現力がいい。真央ちゃんはその点でヨナ選手に及ばないみたいなこと言われてますが、管理人様はどう思われていますか?私は真央ちゃんはヨナ選手みたいな表情(顔芸)には少し乏しいかもしれないけどうまく体全体で音楽を表現できていると思っているのですけどどうでしょうか。
また今期のFPの真央ちゃんのステップはものすごいなあ~(過去に女子選手でこんなに激しいステップ見たこと無い)とおもって見ているのですけど元スケーターの眼からみてどうなのでしょう?
最後に真央ちゃんのことどう思われますか?
[2009/03/06 00:03] URL | アイ #z8Ev11P6 [ 編集 ]
何度もすみません。 スケート てボタンはいったいなんなのでしょうか?何度も押しまくってるんですが・・・。
[2009/03/06 01:01] URL | アイ #z8Ev11P6 [ 編集 ]
取り急ぎ
>アイさん

ありがとうございます。
…というかすみません!
そのボタンはランキングサイトに「このブログは良かった」ということで一票を投じる役割があります。
でも現在そのボタンを管理しているサーバーがなんだかとても重くて、殆ど反応しないみたいです。
また時間をおいて押してみて下さい…。

浅田選手の質問については現在レスを作成中なので、しばらくお待ち下さいませ…。
[2009/03/06 01:21] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
お返事
>KOKOさん アイさん

コメントありがとうございます。

なるほど、動画紹介サイトさんからでしたか。
アクセス数、全然比較にならないくらい凄いですからね…。

ルールに関してですが、個人的には「旧採点方法に戻して欲しい」というのが率直な意見です。
現採点方法も良い点はあるのですが、デメリットの方が多すぎるような気がします。
二重減点も「少しの違いで大きな差が生じてしまうこと」「DGが有った場合に、見た目の印象から想像できないほどのペナルティーが与えられること」等の問題はありますが、それよりも個人的に一番悲しいのは、各技術に点数が(或いは点を出すためのガイドラインが)明示されたことにより、多くの選手が高い点の技をプログラムに入れるようになり、それによってどの選手も似たような技ばかりをするようになってしまったこと(つまり、個性的なプログラムを見ることができなくなってしまったこと)です。
長野五輪男子フリーのキャンデロロ選手のプログラムは個性的で当時印象に残りましたが、現在のルール上ではああいったプログラムを見ることは難しいでしょう…(フリーという言葉の意味が無くなっていますよね…)。

なお、(仮に私が現役だとして)選手の立場としても現採点方法は余り好ましく思えません。
負担が大きいだけで何もいいことはありませんし…(技術が特に得意な選手には好まれるかもしれません)。
スピン中のチェンジエッジとかも、本当はあれ、タブーだったんですよね…。
エッジの同じ場所に乗ったままキープ、というのがスピンの基本で、それをずらすということは軸をずらすということで、軸が命のスピンとしてはどうかと思います。
なので軸をキープしたままのスピンのチェンジエッジは難度が高いわけなんですが…。
難度を上げる方向性が間違っていると思います。
ちなみに、原則的に使うエッジと反対側のエッジを使って美しいと個人的に思えるスピンは、左足のキャメルスピン(左フォアアウト)だけだったりします。

浅田選手とキムヨナ選手…あちこちでよく比較されますね。
近いうちにネタにしようかと思っていますので、ここでは簡単に。
個人的には表現の点では同等レベルだと思えます。
顔の表情…は確かにキムヨナ選手の方が豊かでしょうか。
でもそれで明確なアドバンテージになるかといわれれば…そうは思えません(ルール上の扱いはよく知りませんが)。
どちらが優れているかは人それぞれ…好みの問題のような気がします。
それでも点差が出る…というのならば、それはコリオグラファーの力量の差とも考えられますよね。
プログラムの振り付けを考えるのは彼らの仕事ですから。
それによって点差が出たとしても不思議ではありません。
…とはいえ、結局PCSはジャッジの主観評価になるので、そこに合理性を求めることはできないのかもしれません。
この選手は周りの評価が高まってきたみたいだから高い点をつけよう…とか、自分の目を信じてジャッジングするのではなく、他人の目を気にしながらのジャッジングをしているようなジャッジも、いないとは限りませんし…。

次にステップについてですが、個人的には、ステップについて選手を「器用さでこなすタイプ」と「スケートの巧さでこなすタイプ」に分けられると思っています。
そして、浅田選手は「器用さでこなすタイプ」、キムヨナ選手は「スケートの巧さでこなすタイプ」だと考えます。
どちらが優れているかはこれも好みによると思うのですが、個人的には「スケートの巧さでこなすタイプ」の選手のステップとしてはキムヨナ選手のステップは幾らか熟成が足りないと感じ(まだまだ伸びしろが有るように感じる)、「器用さでこなすタイプ」の選手のステップとしては浅田選手のステップは比較的熟成度が高い(伸びしろが少なく感じる)…ということで、ステップについては浅田選手の方が優れてるように思えます。
ただ、ジャッジの評価としてどちらが高くなるのが必然か?…とか、そういったことはよく分かりません。

浅田選手についてどう思うか…ということですが。
すっかり「国民的アイドル」になってしまったなぁ~…と。
オリンピックではキムヨナ選手とベスト演技で争って、僅差で逆転金メダル…そして国民栄誉賞…とかだったら嬉しいですね。
[2009/03/06 02:15] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
個人的な好み
男子選手では高橋選手なので嬉しいです。“白鳥の湖ヒップホップバージョン”は彼しかできない、代表作と呼べるものだと思います。今期、他国でも“ヒップホップ調”の動きを取り入れてる選手がいましたが、あくまでも“調”止まりなんですよね…

そして、好き嫌いははっきり分かれるでしょうが、あの独特の雰囲気(濃さ?)は、これまでの日本人男子選手には無かったものですし、アピール力という面では武器になると思うのですが…
今月からは氷上練習再開されるそうで、焦らず、無理せず、頑張って頂きたいものです。


佐藤選手については…当時はどうしても、派手なボナリー選手に目が行ってしまいましたが、今見るとすごく“軽やか”な滑りなんですよね。逆にボナリー選手は“荒っ!”って感じで。
表彰台で悔しがって銀メダルを外した時は『しょーがないぢゃ~ん。日本開催なんやし。母国以外で勝つためには、完璧な、文句のつけようの無い演技でないとさ~』と思ったものですが、素人でもそれなりの年数見続けてきて、改めて佐藤選手の演技を見ると、彼女が1位で妥当でしたよね。
[2009/03/06 12:07] URL | あらふぉー #- [ 編集 ]
肉食系と草食系
管理人さんのマニアックなスケート観戦術、とても楽しくそして参考になりました。

さて、単なる私の個人的な見解ですが現在の男子シングルで肉食系動物?の代表が高
橋くん、草食動物?の代表が織田くんのような気がします。技術的なことはてんで素人なのでわかりませんが二人の演技を観たまんまの感想です。
高橋くんは例えばEXロクサーヌなどのねっとり感はこれまでの日本男子に見られなかったもので一度中毒になるとクセになるというか私の中での録画リピ率は№1です。

いずれ織田選手の滑りについて触れられると思いますがこの二人の今後がとても楽しみです。
[2009/03/06 15:51] URL | 木蓮 #- [ 編集 ]
管理人様。親切丁寧なお答えありがとうございます。ますますファンになりそうです。v-411
現ルールによって個性的な選手・プログラムが難しくなくなったと悲しんでいる方は多いみたいですね。ロシアのミーシンコーチや振付師のローリー・ニコルさんもそのようなこと仰っていますね。ランビエール元選手もSPの規定で技術を、FPは規定を無くし文字どうり自由にすべきだと提案されてました。
ルールについて私は観客・ファンの印象と採点結果があまりにも乖離するようなものはどうかと思いますし、その原因をもたらしている部分は早急に改正したほうがフィギュアの発展にとっていいのではと感じています。
あと3Aのような難易度の高いジャンプの評価(基礎点)はもっと高くてもいいのでは?ステップの評価はめったに認定されないレベル4でも何でこんなに基礎点が低いのか?とも感じています。
素人の癖に偉そうなこと書いてすみません。
これからもがんばってください。よろしくお願いします。

P.S 管理人様は真央ちゃんと面識はあるのですか?
[2009/03/06 18:42] URL | アイ #z8Ev11P6 [ 編集 ]
疲れて寝てしまいました…
>あらふぉーさん

94年世界選手権は確か東京開催でしたよね。
ボナリー選手の記事も書いていますので(左の目次からすぐ見つかります)、よかったら読んでみて下さい。

>木蓮さん

はじめまして。
中々難しいことを書いていますが、決して理論先行型の頭でっかちな意見ではなく、実際のスケート経験に基づく「スケートを見る目」から感じられたことを文章にまとめているだけ(つまり感性先行)だったりするのですが…感覚を文章で説明するとどうしても難解かつ長くなっちゃうんですよね…。
木蓮さんの目が肥えて、詳しく知りたくなったときに、ここに鍵があることを思い出して頂ければと思います(もっとも、私の意見が正しいとは限りませんが)。

草食・肉食というのは何となく分かります。(笑
ルックスが大きい…でしょうか?
でも性格はそうでもないような気がします。
膝の柔らかさもそういった印象に関係するかもしれませんね。

常々思うのですが、スケートの前知識があまり無い一般の方が見た率直な意見というのは、とても重要だと思っています。
ある意味、本質を突いていることが多いからです(そうでないことも多いですが)。
「よくわからないけど、なんとなくこの人の演技が好き」「順位は下だけど、上の順位の人より好き」と、私ならそう言われると(ジャッジに褒められるより)凄く嬉しいです。
そういった点では、高橋大輔選手は羨ましいなと思います。
検索サイトを通じて来られた方の検索ワードでも高橋大輔選手がダントツトップですし。

>アイさん

FSで規定を無くし…というのはいいですね。
でも、SPでの技の格付け(ビールマンは高得点…とか)が残るのだとすると、フリーでもその格付けに引っ張られる(ビールマンを多用する選手が多くなる)ことが想像できますので、結局はFSでもあまり変わらなくなっちゃうかもしれません。
…現採点方法で従来の曖昧な部分がある程度明確になったわけですが、それによるメリットもありますが、やはりデメリットが大きいです。
曖昧な部分をあえて曖昧にしておく…そしてその判断は時代の価値観に委ねる…これがベストだと思います。
…旧採点方法に戻って欲しいです…。

あ。
浅田選手とは会ったことはありません。
[2009/03/07 04:04] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
はじめまして!

私の普段疑問に思っていることをエントリーにしてくださっていて「目から鱗」の情報がとっても読み応えあります!!

これからもぜひ素敵な記事をお願いいたします。

ちなみに私が素人目線で「膝がやわらかいなあ~。」と感じるのはマイナーですが「鍵山選手」でした。

[2009/03/07 11:41] URL | ミーシャ #- [ 編集 ]
訂正&レス
ごめんなさい!
上述の「94年世界選手権は確か東京開催でしたよね」は間違いです!
千葉の幕張開催でしたね…。


>ミーシャさん

コメントありがとうございます。
鍵山選手は…お名前は聞いていたのですが、演技は拝見したことはありませんでした。
…ので、youtubeで調べてみると…ありました!
流石!
確かに膝が柔らかいです。
若干滑り全般に違和感を感じるものの(O脚が原因?)、一歩の伸びは膝の柔らかい選手の特徴そのものです。

…鍵山選手の名前を出してくるということは、おそらくミーシャさんも観戦歴では私より先輩です。
ベテラン観戦者さんのお眼鏡にかなう記事を書き続けることができるといいのですが…。
[2009/03/07 19:55] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/24-1cdf1397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
高橋大輔 2ch
高橋大輔が犯した意外な失敗高橋大輔ってフィギュアスケート選手は誰でも 知ってると思うけど、先月のサンデースポーツでも インタビューの映像が流れてたしね。 高橋大輔 サンデースポーツ マターリ.(続きを読む) 高橋大輔すごかったね&#12316;!高橋大輔は最近話題なの...
[2009/03/18 06:50] ★youtube最新動画ニュース
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。