FC2ブログ
【選手の特徴】 高橋大輔選手 #02

ええっと、皆さんが下のブログ村のボタンを沢山クリックして下さったおかげで、ブログランキングの順位がいつの間にか猛烈に上がっていました…。

あ、ありがとうございます!

今後も宜しくお願いします!(ちなみに…ボタンは1日1回なら何度でも押せます…っと贅沢を言ってはいけないですね)

でも…い、いいんでしょうか?

ブログ初心者ですよ? 私。

記事の内容も一般受けしそうでもないですし…。

 

…とまれ。

今回もいつもと変わらない感じで書いてみます。

前回の続きでしたね。

 

(注意)以下に書くことはあくまでも私見です。参考意見程度に読んで下さい。

 

●コンビネーションのセカンドジャンプがちょっと変?

どういったわけかよく分からないのですが、セカンドジャンプ(やサードジャンプ)が2回転である場合、左足の巻き足傾向が強くなります(3回転の場合はそうでもないのですが)。

それが物理的に理にかなった巻き足ならばよいのですが…中野友加里選手ほどとは言いませんが、どうも不自然に見えます。

「左足を閉めると速く回転しすぎるので、わざと巻き足にして軸を太くすることにより、回転の速度を調整している」…と考えることもできますが、それはどうでしょう?

回転不足のリスクを冒してまでそうする必要はないでしょうし、むしろ回転が速い方が早く回転を終える分ランディングにゆとりができるわけですから、その考えには疑問符が付くように思えます。

…単に「クセ」のような気がします。

 

●ジャンプのランディングに難あり

この部分で膝の硬さが如実に表れているように思います(詳しくは前々回のエントリー参照)。

すなわち…

・ランディングにおけるスウィートスポットが狭い
・ランディングの瞬間に減速してしまうことが多い
・腰に粘りがない
・それらによりコンビネーションが厳しくなる

…といった部分について膝の硬さが原因となっている感じがします。

但し、チェックの姿勢が割と美しいので、印象としてはその分プラスに修正されるように思えます。

腰の粘り…というのは分かりにくいかもしれませんが、腰の粘りで印象的だった選手として田村岳斗選手を紹介しておきます。

参考VTR:田村岳斗選手

注目は1:19辺りの3F+3Tのコンビネーションです。

最初のジャンプを降りた後の感じが、まさに腰に粘りのある選手の典型だと思えます。

…余談ですが、膝の柔らかさを説明したエントリーでは触れませんでしたが、田村選手も膝が柔らかい選手でしたね。

それにスケートも結構上手で、特に切れのあるステップは前回のエントリーで言及しましたスケーターの理想像に近いものがありました。

でも、左のフォアアウトに深く乗るのが致命的に苦手だったようで、スピンの入りやアクセルに問題を抱えていたのが残念でした。

 

●ステップ時、バックエッジに乗るときに、トウが氷を引っ掻くことが多い

あれだけ難しいステップを踏んでいるのだから仕方がないとも言えますが…。

それでもスケートが巧い選手としては頻度が多いと思います。

これも膝が硬いのが原因かもしれません。

 

●ステップが上手

すぐ上で述べたことを考慮しても、やはり上手です。

前回のエントリーでも触れたことですので重複しますが、スケーターの理想像に近く、スケーターとしては共感できることが多くあります。

難度の高いステップを高密度に組み合わせたシークエンスを素早く軽々とこなしていく…しかもそれを理想像に近い動きでこなしていく様は、やはり凄いと思います。

とりわけ、体重移動のあり方が優れているように感じます。

印象的だったのは、トリノ五輪シーズンのフリーのプログラム、ラスト付近のストレートラインステップの頭…

右フォアイン→ロッカー→右バックイン→チェンジ→右バックアウト→スリー&ブラケット→右バックアウト

…の部分。

次のVTRの4:22付近、カメラが正面のアングルに切り替わった直後です。

参考VTR:高橋大輔選手

この部分だけは何度見ても「う~ん、たまらん」と思ってしまいます(スケート経験者はビデオを見ると自分も頭の中で一緒に滑っているような感覚になるので、理想的な動きを見るとそれが自分で思い通りにできたような気持ちになるんです。…まあ、私だけかもしれませんが)。

早くて一瞬なので分かりにくいですが、コレは難しい!

特に「右バックイン→チェンジ→右バックアウト」この部分!

ここだけ抜き出すと単純な体重移動に見えますが…。

ロッカー後のバックインからのチェンジですから難しいです。

でもまあそれはそこそこの選手なら誰でもできるとして、次の右バックアウトの乗りをスリー&ブラケットをする前提の乗りにしないといけない点が難しいです。

しかもあの素早さで。

体重移動の仕方・膝の使い方・フリーレッグの使い方・上半身の使い方・乗り…やっぱり「う~ん、たまらん」と思ってしまいます。

…すみません、多分スケート経験者でないと理解できないと思います(たとえ用語を理解できたとしても)。

でも、この部分はステップの巧さの本質を凄くよく表している部分だと思えますので、理屈はともかく、しっかりと目に焼き付けておいても損はない部分だと思います。

…悲しいことに、現在のルールではこういった部分が評価されにくいように思え、やれ難しいターンが幾つだとか、やれ左右の回転がどうとか、やれ上半身を大きく使えだとか…そういったステップの本質とは関係のない外面的な部分でレベルの認定等をしているように思えます。

…余談ですが、素早い・高密度・高難度ステップ…(いや…高難度というのはちょっと違うかもしれませんが)…というとエフゲニープルシェンコ選手を思い出しますが、個人的には、彼の場合は上述の「理想像に近い動き」からほど遠い(どちらかというと力でターン等を無理矢理素早くしている…ねじ伏せているという印象を受けます)という点で、比較にならないと考えています(でも、点数は出るんですよね…)。

参考VTR:エフゲニープルシェンコ選手

 

●レイバックスピンができる

男子としては珍しいですよね。

 

●身体が堅い?

柔軟性は…あまりないように思います。

…が、女子ならともかく、男子ではそれほど問題ないかもしれません。

スピンの姿勢変化で不利になるくらいでしょうか。

 

●その他

・ルッツは毎回同じ特定のステップからのルッツを跳ぶ(…ので、彼の演技を何度も見ている熱心なファンの方なら、たとえ彼のニュープログラムを初めて見たとしても、そのステップを見ただけで「あ、ルッツを跳ぶぞ」と事前に判断できるでしょう。…そのステップを変えない限りは、ですが)

・フリップがおそらく一番得意ジャンプ

・右フォアインスリーから入るスピンのプレパレーションが、若干適当感が漂うことがある

 

==========

 

…以上、他にもあるかもしれませんが、これでおおよそ高橋大輔選手の特徴を押さえたと思います。

個人的には、前回のエントリーで少し触れましたように、筋力が付いてくるに従って若干パワー依存のスケートスタイル(←スケートの巧さを殺すことが多い)の傾向が強まってきた印象も受けますので、そちらに傾倒しないかが気がかりです。

…再び余談ですが、高橋選手のコーチというとニコライモロゾフ氏(現在もそうなのですか?)を思い浮かべる方が殆どだと思いますが、やはり長光先生の存在を忘れてはいけないと思います。

長光先生の所の生徒さんは(あまりTVには出てきませんが)スケートが上手で、演技も巧く、ジャンプ・スピンも美しく、優れた選手が多いという印象があります。

高橋選手も、そういった流れをくむ選手の一人なのかもしれませんね。 

 

 

………。

 

疲れた…。

 

 

…と、そんな高橋大輔選手。

次の五輪では是非メダルを取って欲しいですよね。

 

 

 

(おわり)

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

スポンサーサイト



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/03/08 00:14] | 選手関連 | トラックバック(1) | コメント(19) | page top
| ホーム |