FC2ブログ
前回のエントリーの補足

以下の本文は、前回のエントリーを読んだ上で読んで頂きたいと思います。

注意としては、これは前回のエントリーでも共通することなのですが、ここ(前回のエントリー含む)で書く言葉の意味の説明は、あくまでも私個人の感じ方として「こういう意味が一番しっくりくる」というものを記しているに過ぎず、フィギュアスケート用語としての定義を述べているわけではありません…ので、その点は了承して下さいね。

 

==========

 

「エッジワーク」という言葉…これもよく耳にする単語です。

 

前回のエントリーでは、現採点方法におけるステップシークエンスは…

「フットワークを重視するよりも、難しいターンを織り交ぜつつ、一歩一歩の乗りを丁寧に見せていく」

…ということを重視している傾向がある…といったことを書きました。

 

これはまさに「エッジワークを重視している」という表現がピッタリだと思えます。

 

つまり、エッジワークとは

「エッジの乗りを活かしたステップワーク」

…ということを意味する…とするのが感覚としてしっくりきます。

 

そして、フットワークは

「足さばきを活かしたステップワーク」

…というのがフィギュアとしての一般論的にしっくりくる感じでしょうか。

 

ただ、前回のエントリーで使った「フットワーク」という言葉については、そういった一般論的意味よりも幾らか限定的な意味合いで使いました。

 

上記の一般論的意味を、謂わば「広義のフットワーク」とすると、それは「狭義のフットワーク」とでも言いましょうか。

 

要するに、解説者が思わず「フットワーク」という言葉を使いたくなるような、素早い・小刻み・巧さ・安定・水面を飛び跳ねるような感覚…といった印象を受けるステップワーク…これが前回の「(狭義の)フットワーク」の意味なのかなと思います。

 

 

…そう考えると、旧採点方法時代のステップシークエンス…例えば前回紹介しました佐藤有香選手の動画でのストレートラインステップ…あれなんかは、「(狭義・広義の)フットワーク」と「エッジワーク」、どちらにも当てはまるんですよね。

 

そして、現採点方法のステップシークエンス…これは「エッジワーク」という表現が当てはまるのはもちろん、「(広義の)フットワーク」という表現を当てはめることも可能…と、そんなことを思ったりもします。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

スポンサーサイト



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/03/16 19:58] | 技術関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |