FC2ブログ
2009フランス杯・雑感
フランス杯、日本人選手が男子が1位・女子が2位3位…いや~日本も凄くなりましたよね~。

フィギュア大国と名乗っても恥ずかしくないほどじゃないでしょうか。

…でも、日本のリンク事情は最悪。

一般営業時間中は本格的な練習が出来ないダンス・ペアで、有力な日本人選手が中々出てこないことからも分かりますよね。

リンク事情…他の国と同等程度になりませんかね…。


フランス杯・結果詳細





男子シングル。


織田選手、安定していましたよね。

ステップなんかでややつまずいたようなところもありましたが、ノーミスと言ってもいいほどの安定感でした。

PCSも8点台がポツポツ出てきましたので、今後も伸びていくかも知れないですね。

…でも、織田選手のショートとフリーのPCSを見比べてみると…なんか凄い差があるんですけど…。

ジャッジメンバーも同じみたいなのに…。

フリーで安定感を見せつけられたジャッジが手のひらを返したように…というのは考えすぎでしょうか?


他に印象に残った選手と言えば、ヤニックポンセロ選手でしょうか。

スケーティングに関しては、個人的には今回の男子シングル選手の中で一番好感度が高いです。

姿勢が綺麗なのがいいですよね。

ステップ等も歯切れが良く、これでジャンプに安定感・効率の良さなんかが加われば…とは思います。


あと、ブライアンジュベール選手のフリー後半の3S。

ループのプレパレーションを用いて「ループか?」と思わせておいて実はサルコウ…というのがユニークだと思いました。





女子シングル。


中野選手…勘違いなのかも知れませんが、ちょっと技術的な印象が以前と異なるように思いました。

なんというか…違和感が若干少なくなったような気がします。

身体を絞って切れが出てきたのかな…と思ったりしたのですが、どうなんでしょう?


浅田選手…フリーではやや精彩を欠いていたような気はしましたが、それ程悪い印象は受けませんでした。

今後の滑り込みでもっと良くなっていくかも知れないですね。

…技術的に印象に残った点を紹介しますと…。

浅田選手のフリップですが…一見ルッツっぽく見えませんでしたか?

地上波の放送でも、ショート後のスロー再生で、フリップ時のテロップがルッツとされていたりもしましたよね(確かにあの映像だけを見ればルッツと勘違いすることもあるとは思います)。

どうしてルッツっぽく見えるのかなと考えてみると…。

(そう見えなかった方は以下を読み飛ばして頂いても構いません。また、書いている内容も重要なことではない割にややこしいので、その意味でも読み飛ばして頂いて構わないです)


==========


まず一つ、プレパレーションがルッツっぽいのが原因かなと思いました。

ステップからのルッツとしては、「右バックアウト→左フォアイン→右バックアウト」とチョクトーの変形(このブログ独自の造語です。両足で行うターンの種類#02を参照)をして、この最後の右バックアウトの前方に左バックアウトをクロスするように置き、そこからルッツを跳ぶ…というのが定番で、私もよく使っていました(織田選手のフリー、開幕のステップからのルッツでも使われていますよね)。

浅田選手のフリップのプレパレーションの場合、昨年度は特にステップの無い前方を向いた状態を一旦作り、そこで姿勢を安定させた上でモホーク→フリップと跳んでいたと思うのですが、今シーズンではショート・フリーで共通した次のようなプレパレーションを用いており、イーグル→スリーターン…ときて、最終的に「左バックアウト→右フォアイン→左バックアウト(※)」という上のチョクトーの変形の左右逆のステップを踏み、その左バックアウトから(左バックインにチェンジして)ジャンプ…という形になっているわけなのですが、このチョクトーの変形部分が、最初に挙げたステップからのルッツのプレパレーションを連想させ、そのためにフリップがルッツっぽく見えたのかも知れません。

(※)この最後のエッジはちょっと曖昧です(フラットエッジに近い…ですが、フリップのプレパレーション時のモホーク後の左バックインはフラットに近くなることが通常で、これ自体は悪いわけではありません)。が、本人の気持ちとしては恐らく「左バックイン」なのかもとは思います(本人としてはモホークからのフリップとして「右フォアイン→左バックイン」としていると思いますので)。


もう一つ、フリップを跳ぶための最後の左足に乗ってからのトレースが(エッジ不正のある)ルッツっぽい…というのが原因かも知れません。

本来ならば、上のチョクトーの変形の最後の2ステップ、「右フォアイン→左バックアウト」という部分を「右フォアイン→左バックイン」というモホークにして、その左バックインでフリップを跳ぶというのが正しいやり方だとは思うのですが、浅田選手の場合、フリップの左バックインの前に左バックアウトに乗るような癖がついている(つまり、左バックアウト→左バックインとチェンジしてフリップを跳ぶ癖がある)ようで、このトレースが(エッジ不正のある)ルッツと似ているように思えます。

そして、このトレースが上のチョクトーの変形と相まって、フリップがルッツっぽく見えるんじゃないか…と思いました。


==========


…と書きましたが、だからといって点数が減点されるわけではないと思いますし、余り気にする必要はない部分かもと思います。





キムヨナ選手については、以前当ブログで少し話題になった話がありましたので、その関連で何か書いてみたいと思います。


以前のエントリーのコメント欄で、キムヨナ選手が3F+3Tのコンビネーションを3Lz+3Tに変更するらしいことを、読者の方に教えて頂いたことがありました。

そのときは、

「そんな変更をしても基礎点の合計では変わらないのだから意味が無いんじゃないか」

とか

「3Fより3Lzの方が得意で流れがあるというのならいいけど、この時点で3Lzの方が得意だとは思えないので、3Lz+3Tへの変更は不利になるだけじゃないか」

などと考えました。

敢えて理由を付けるなら…

旧採点時代にあった(と思われる)、コンビネーションのファーストジャンプの難度が高いほどセカンドジャンプの価値が高くなる…という価値観は現ルールでは無くなったように思える(※)が、この価値観の復権を狙って、敢えて難しいジャンプをコンビネーションにもってきた?(これでジャッジの心証に良い影響を与えて、GOEで加点でも貰えれば儲けもの…みたいな)

(※)「プラス面に対するGOE採点ガイドライン」にそれをプラス評価する項目が無いため

というものになるのかな~と考えたりもしましたが、そういった希望的観測によるGOE加点を狙うにしても、掛けるリスクに比べて見返りが希薄すぎるように思えました。

結局、合理的な変更の理由はよく分からず、実際に将来の本番を見てみなければ分からない…ということになりました。


そこへ来て、今回のフランス杯。

本当に3Lz+3Tを跳んできました。

しかもその質はこれまでの3F+3Tに劣らないように思える出来です。

これには驚きました。

上で述べたように、基礎点の合計ではコンビネーションを3Fにつけようと3Lzにつけようと変わらないはずです。

ですので、そういった点数的なメリットが無いので意味が無いように思えるのですが、実際に目にしてみると思いのほかインパクトが強く、変更しただけの価値は十分にあると感じました。

ジャッジの主観に与える影響は大きいのではないでしょうか。

希望的観測…と思っていた、上述の「価値観の復権」…案外本気なのかもと思いました。

それが本気なのだとしたら…キムヨナ選手は精神的にも技術的にもかなり余裕がある(「価値観の復権」なんてものに手を出せるほど余裕がある)…ということなのかも知れないですね…。



あとは適当な印象を幾つか…。


プログラムをきっちり滑り込んできたという印象があり、五輪シーズンへの意気込みを感じさせるようです。

それから…恐らく韓国では相当五輪の金メダルへの期待がかかっている(しかもそれが一人に集中している)と思うのですが、そのプレッシャーを感じさせないような迷いのない滑り…とでも言うのでしょうか? そういった点でなんだか凄みを感じました。

プレッシャーという点ではアルベールビル五輪時の伊藤みどり選手と同様の状況(※)のようにも思えるのですが…。

(※)伊藤みどり選手一人に金メダルのプレッシャーがかかってしまった反省から、新人発掘の野辺山合宿に力を入れ、そういったプレッシャーが一人に集中しないようにした…といった話はよく聞きます。それだけ五輪金へのプレッシャーが一人に集中するというのは辛いことなのかも知れません。


ジャッジ面で印象に残ったところは…。

ショート・フリーの両方の3Lz+3TにGOE+3がついているのですが、ジャンプで+3というのは相当珍しいですよね。

上で「ジャッジの主観に与える影響は大きいのではないでしょうか」と書きましたが、この辺りの影響が効いているのかも…なんて思いました。

あと、フリーの2回目のルッツは回転不足かと思ったのですが、ダウングレードはともかく、国際スケート連盟コミュニケーション第1557号で言うところのエラー項目、「最終的なGOE の+-は制約されないエラー」の「回転不足(GOE -1 to -3)」に該当してもおかしくはないんじゃないか(※)と個人的には思うのですが、結果はGOE+2がズラリ…ということで、ちょっと甘いような気はします。

(※)この「回転不足(GOE -1 to -3)」というエラー項目は、昨年度まであった「1/4回転までの回転不足(ダウングレードではない)(GOE -1 to -2)」と「ダウングレード(GOE -1 to -3)」というエラー項目(これらは廃止された)を統合して本年度から新設されたエラー項目だと、個人的には考えています。今回のこのルッツの場合、統合元のエラー項目で言うところの「1/4回転までの回転不足(ダウングレードではない)(GOE -1 to -2)」に該当…ひいては「回転不足(GOE -1 to -3)」に該当するのでは…と思いました。…あくまで『推測』なので、その点は留意して下さいね。

そして、個人的にはPCSではスケーティングスキルに注目してしまうのですが、ジャッジによっては他の選手よりも2段以上格上という扱いがされているような印象です。

昨年度の世界選手権の傾向が続いているのかも知れませんね…。


あ、そういえば唐突ですが、実況の方がキムヨナ選手について「フリップをちょっと苦手としていた」とかコメントしておられますよね。

これは…そうなのですか?

ロングエッジの可能性があるとはいえ、昨年度まで3F+3Tを高確率で成功させていましたので、私はてっきり得意ジャンプなのだと思っていたのですが…(苦手としていたジャンプにコンビネーションをつけようとは普通思わないのではないかと思います)。

…「ロングエッジの可能性がある」という点で「フリップをちょっと苦手としていた」とコメントされたのかも…。

そうだとするならば、これはちょっと誤解を与えかねないコメントですよね…。





と、色々書きましたが…。

全て私見ですので、ご了承下さいね。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

スポンサーサイト



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/10/20 20:27] | 試合感想 | トラックバック(1) | コメント(41) | page top
| ホーム |