スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
一歩進んだジャンプの見分け方 #09

 

これまで、6種類全てのジャンプについてのプレパレーションを、

ステップからのジャンプやその他の入り方からのジャンプを含め、

見てきました。

 

恐らく、これだけ覚えておけばほぼ全てのケースで対応できると思います。

 

ここに書いた以外にも、

イーグルやイナバウアーなんかから各ジャンプに繋げる方法もありますが、

結局は紹介したプレパレーション(或いはその途中)に

繋げていくだけですので、

紹介した知識の理解さえあれば見分けるのは容易いでしょう。

 

 

 

さて。

 

これまで書いてきたこと以外にも、

「コースによるジャンプの見分け方」というものもあります。

 

但し、それはプレパレーションによる事前予測よりは

不確実な方法ですので、

あくまでも補助的手段として併用するのがベターです。

 

次はそれについて見ていきましょう。

 

 

【コースによるジャンプの見分け方】

 

実は、ジャンプに入るためのコースにも定番は存在します。

 

これを見分けることで、

プレパレーションに入る前の段階から、

ある程度のジャンプの推測ができてしまいます。

 

それを幾つか紹介しましょう。

 

ジャンプのコース 

 

①ルッツの典型的コースです。

通常の定番プレパレーションによるルッツでよく見かけるコースです。

「このコースでルッツを予定していたが、アクセルの調子がよいので、このコースでアクセルを跳ぶことにした」といった事情で、他のジャンプが入ることもあります。

 

②エッジジャンプの典型的コースです。

アクセル・サルコウ・ループをエッジジャンプといいますが、これらのジャンプでよく見かけるコースです。

 

③トウジャンプの典型的コースです。

トウループ・フリップ・ルッツをトウジャンプといいますが、これらのジャンプでよく見かけるコースです。

ルッツは①と被ってしまいますが、こちらは主にステップからのルッツでよく見かけます(但し、通常のプレパレーションによるルッツでも、時々このコースによるものを見かけます)。

余談ですが、例えば男子フリーで、演技が始まった後、よく解説者が「4回転トウループに入るか、それともトリプルアクセルにするのか…、おおっと、どうやら4回転に挑戦しそうですね」といったことを言うのを聞きますが、これは②か③かのコースの見極めをした上での発言だと推測できます。

 

 

【その他の方法によるジャンプの見分け方】

 

あとは細かいものを挙げていってみますと…

 

①各選手特有のジャンプ前のクセにより見分ける

 

②各選手のプログラム構成上のクセにより見分ける

例えば、村主選手は必ず最初にルッツを持ってきます…など。

 

③ショートプログラムの性質による推測

ショートプログラムではジャンプは3度までしかできず、かつ3度ジャンプを入れなければなりませんので、その選手の持ち技の中でその時確実にできそうな最も難度の高い3つのジャンプを(ルールの範囲内で)入れてくる可能性が高くなります。

故に、その持ち技やその時の選手の調子を把握していれば、ジャンプの順序はともかく、組み込まれる3つのジャンプの種類は事前にほぼ推測できる…というものです。

また、例えば女子ショートプログラムでは、必ずダブルアクセルを入れなければならないので、1番目と2番目のジャンプにダブルアクセルを跳ばなかったのであれば、3番目のジャンプは必然的にダブルアクセルになる…といった推測も可能でしょう。

 

 

 

 

<<おわりに>>

 

「ジャンプの見分け方」というネタをもとに書き進めてきましたが…。

 

内容的には完全に中上級者向けになってしまいましたね…。

 

一応、初心者でも頑張れば読んで理解できる内容にしたつもりなんですが…。

 

 

でも、結局はこの理解がジャンプを確実に見分けるための近道だと思えます。

 

ビデオを見て、

「今のジャンプのプレパレーションはどのパターンに当てはまるんだろう?」

と繰り返し考察してみることで、

効率よく理解を進めることができると思いますので、

なんとか頑張ってみて下さい。

 

 

この記事が皆さんのフィギュアスケート観戦の一助になることを願って。

 

 

(おわり)

スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/01/22 20:55] | 一歩進んだジャンプの見分け方 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<スピンのプレパレーション | ホーム | 一歩進んだジャンプの見分け方 #08>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/10-f5e422d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
★氷上のプリンス達…プリンセス達は???★
宣伝に協力している?みたいな感じになるかもしれないけど… なんか…ある意味、凄いなと感じちゃったコチラのサイト… 個人の男子フィギュ...
[2009/03/07 19:13] ★Figure Skating Guideline★
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。