スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スピンのプレパレーション

ジャンプのプレパレーションのついでですから、

スピンのプレパレーションについても簡単にですが説明しておきましょう。

 

 

<<スピンのプレパレーション>>

 

ジャンプと同じように、スピンにも定番プレパレーションが存在します。

といっても、それほど数は多くありません。

 

スピンのプレパレーション 

 

①もっともベーシックなスピンの入り方です。

最初の右バックインについては、逆回りのバッククロス(=左バックアウトの押し)を一度入れた後の右バックインをそのまま用いることが多いです。

 

②ベーシックなスピンの入り方、その2です。

右フォアイン・スリーから直ちにスピンに入ることができますので、こちらの方が演技中では多用されていますでしょうか。

なお、ジャンプのランディング時(或いはスピン終了時)の右バックアウトから直接左フォアアウトで踏み出してスピン(②の応用のようなものです)というパターンもたまに見かけます。

 

③右足スピンへの入り方です。

上記①②は左足スピンへの入り方ですが、こちらは右足スピンへの入り方となります。

この入り方は、点数の上昇につながるためか、現採点方法になってからは演技中でも多く見かけるようになりました。

最近では「バックエントランス」と呼ばれていますでしょうか(正確な定義は知りませんが)。

なお、直前のステップは左フォアインであることが多いです(右バックアウト・スリーの場合もよく見かけます)。

 

 

【その他】

フライング系のスピン(フライングキャメル・フライングシット・デスドロップ…など)でもこれらのプレパレーションを用いることが多いです(バタフライだけは左バックインでの踏切なので例外です)。

他にはトラベリングからのスピンというのもありますが(スルヤ・ボナリー選手がやっていたような気がします)、現在ではあまり見かけません。

 

スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/01/23 20:47] | 技術関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<フィギュア史上最もスピンの上手な選手 | ホーム | 一歩進んだジャンプの見分け方 #09>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/11-d754c930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。