スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【選手の特徴】 高橋大輔選手 #02

ええっと、皆さんが下のブログ村のボタンを沢山クリックして下さったおかげで、ブログランキングの順位がいつの間にか猛烈に上がっていました…。

あ、ありがとうございます!

今後も宜しくお願いします!(ちなみに…ボタンは1日1回なら何度でも押せます…っと贅沢を言ってはいけないですね)

でも…い、いいんでしょうか?

ブログ初心者ですよ? 私。

記事の内容も一般受けしそうでもないですし…。

 

…とまれ。

今回もいつもと変わらない感じで書いてみます。

前回の続きでしたね。

 

(注意)以下に書くことはあくまでも私見です。参考意見程度に読んで下さい。

 

●コンビネーションのセカンドジャンプがちょっと変?

どういったわけかよく分からないのですが、セカンドジャンプ(やサードジャンプ)が2回転である場合、左足の巻き足傾向が強くなります(3回転の場合はそうでもないのですが)。

それが物理的に理にかなった巻き足ならばよいのですが…中野友加里選手ほどとは言いませんが、どうも不自然に見えます。

「左足を閉めると速く回転しすぎるので、わざと巻き足にして軸を太くすることにより、回転の速度を調整している」…と考えることもできますが、それはどうでしょう?

回転不足のリスクを冒してまでそうする必要はないでしょうし、むしろ回転が速い方が早く回転を終える分ランディングにゆとりができるわけですから、その考えには疑問符が付くように思えます。

…単に「クセ」のような気がします。

 

●ジャンプのランディングに難あり

この部分で膝の硬さが如実に表れているように思います(詳しくは前々回のエントリー参照)。

すなわち…

・ランディングにおけるスウィートスポットが狭い
・ランディングの瞬間に減速してしまうことが多い
・腰に粘りがない
・それらによりコンビネーションが厳しくなる

…といった部分について膝の硬さが原因となっている感じがします。

但し、チェックの姿勢が割と美しいので、印象としてはその分プラスに修正されるように思えます。

腰の粘り…というのは分かりにくいかもしれませんが、腰の粘りで印象的だった選手として田村岳斗選手を紹介しておきます。

参考VTR:田村岳斗選手

注目は1:19辺りの3F+3Tのコンビネーションです。

最初のジャンプを降りた後の感じが、まさに腰に粘りのある選手の典型だと思えます。

…余談ですが、膝の柔らかさを説明したエントリーでは触れませんでしたが、田村選手も膝が柔らかい選手でしたね。

それにスケートも結構上手で、特に切れのあるステップは前回のエントリーで言及しましたスケーターの理想像に近いものがありました。

でも、左のフォアアウトに深く乗るのが致命的に苦手だったようで、スピンの入りやアクセルに問題を抱えていたのが残念でした。

 

●ステップ時、バックエッジに乗るときに、トウが氷を引っ掻くことが多い

あれだけ難しいステップを踏んでいるのだから仕方がないとも言えますが…。

それでもスケートが巧い選手としては頻度が多いと思います。

これも膝が硬いのが原因かもしれません。

 

●ステップが上手

すぐ上で述べたことを考慮しても、やはり上手です。

前回のエントリーでも触れたことですので重複しますが、スケーターの理想像に近く、スケーターとしては共感できることが多くあります。

難度の高いステップを高密度に組み合わせたシークエンスを素早く軽々とこなしていく…しかもそれを理想像に近い動きでこなしていく様は、やはり凄いと思います。

とりわけ、体重移動のあり方が優れているように感じます。

印象的だったのは、トリノ五輪シーズンのフリーのプログラム、ラスト付近のストレートラインステップの頭…

右フォアイン→ロッカー→右バックイン→チェンジ→右バックアウト→スリー&ブラケット→右バックアウト

…の部分。

次のVTRの4:22付近、カメラが正面のアングルに切り替わった直後です。

参考VTR:高橋大輔選手

この部分だけは何度見ても「う~ん、たまらん」と思ってしまいます(スケート経験者はビデオを見ると自分も頭の中で一緒に滑っているような感覚になるので、理想的な動きを見るとそれが自分で思い通りにできたような気持ちになるんです。…まあ、私だけかもしれませんが)。

早くて一瞬なので分かりにくいですが、コレは難しい!

特に「右バックイン→チェンジ→右バックアウト」この部分!

ここだけ抜き出すと単純な体重移動に見えますが…。

ロッカー後のバックインからのチェンジですから難しいです。

でもまあそれはそこそこの選手なら誰でもできるとして、次の右バックアウトの乗りをスリー&ブラケットをする前提の乗りにしないといけない点が難しいです。

しかもあの素早さで。

体重移動の仕方・膝の使い方・フリーレッグの使い方・上半身の使い方・乗り…やっぱり「う~ん、たまらん」と思ってしまいます。

…すみません、多分スケート経験者でないと理解できないと思います(たとえ用語を理解できたとしても)。

でも、この部分はステップの巧さの本質を凄くよく表している部分だと思えますので、理屈はともかく、しっかりと目に焼き付けておいても損はない部分だと思います。

…悲しいことに、現在のルールではこういった部分が評価されにくいように思え、やれ難しいターンが幾つだとか、やれ左右の回転がどうとか、やれ上半身を大きく使えだとか…そういったステップの本質とは関係のない外面的な部分でレベルの認定等をしているように思えます。

…余談ですが、素早い・高密度・高難度ステップ…(いや…高難度というのはちょっと違うかもしれませんが)…というとエフゲニープルシェンコ選手を思い出しますが、個人的には、彼の場合は上述の「理想像に近い動き」からほど遠い(どちらかというと力でターン等を無理矢理素早くしている…ねじ伏せているという印象を受けます)という点で、比較にならないと考えています(でも、点数は出るんですよね…)。

参考VTR:エフゲニープルシェンコ選手

 

●レイバックスピンができる

男子としては珍しいですよね。

 

●身体が堅い?

柔軟性は…あまりないように思います。

…が、女子ならともかく、男子ではそれほど問題ないかもしれません。

スピンの姿勢変化で不利になるくらいでしょうか。

 

●その他

・ルッツは毎回同じ特定のステップからのルッツを跳ぶ(…ので、彼の演技を何度も見ている熱心なファンの方なら、たとえ彼のニュープログラムを初めて見たとしても、そのステップを見ただけで「あ、ルッツを跳ぶぞ」と事前に判断できるでしょう。…そのステップを変えない限りは、ですが)

・フリップがおそらく一番得意ジャンプ

・右フォアインスリーから入るスピンのプレパレーションが、若干適当感が漂うことがある

 

==========

 

…以上、他にもあるかもしれませんが、これでおおよそ高橋大輔選手の特徴を押さえたと思います。

個人的には、前回のエントリーで少し触れましたように、筋力が付いてくるに従って若干パワー依存のスケートスタイル(←スケートの巧さを殺すことが多い)の傾向が強まってきた印象も受けますので、そちらに傾倒しないかが気がかりです。

…再び余談ですが、高橋選手のコーチというとニコライモロゾフ氏(現在もそうなのですか?)を思い浮かべる方が殆どだと思いますが、やはり長光先生の存在を忘れてはいけないと思います。

長光先生の所の生徒さんは(あまりTVには出てきませんが)スケートが上手で、演技も巧く、ジャンプ・スピンも美しく、優れた選手が多いという印象があります。

高橋選手も、そういった流れをくむ選手の一人なのかもしれませんね。 

 

 

………。

 

疲れた…。

 

 

…と、そんな高橋大輔選手。

次の五輪では是非メダルを取って欲しいですよね。

 

 

 

(おわり)

スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/03/08 00:14] | 選手関連 | トラックバック(1) | コメント(19) | page top
<<今シーズンの試合の「解説」について | ホーム | 【選手の特徴】 高橋大輔選手 #01>>
コメント
モロゾフ氏…
余談の方に食いついちゃいますが… モロゾフ氏が付く前、まだジュニア時代かな?1回ジャンプを失敗すると、引きずられてかミス連発…てなこともあったのが、今は嘘のよう。彼は選手に自信を持たせるのが上手いみたいですね。

でも振付はどうなんでしょう?素人が好き勝手言いますと、あの『顔撫で』はもう…食傷気味ですね 安藤選手のプログラムにも絶対入ってますし 村上大介君の演技を見た時も、何となく“プチ高橋”に見えたりして…

今シーズン、カメレンゴ氏とどんなプログラムが出来上がるのか、非常に楽しみだったんですが…それにショートは、選手・振付師・音楽と全て純国産!だし…来シーズンに持ち越しになるんでしょうか?いや、是非して下さい! オリンピック、メダルの色は問いませんが、日本人初の表彰台は高橋選手に乗ってもらいたいです!!
[2009/03/08 01:37] URL | あらふぉー #- [ 編集 ]
最近はコリオグラファーといっても、振り付け以外の部分での活躍もできるマルチな方が増えてきたような気がしますね。

…そうですか、モロゾフさん、コーチから降りられたんですね。
仕事とはいえ、ホントによく日本人に尽くしてくれる方です…。
彼の本国の人は…心中複雑かも。
[2009/03/08 10:13] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
教え上手
パンダ師匠さんの説明、分かり易いです。
もし私に子供がいて今からフィギュアを習わせるならパンダ師匠さんみたいな、分かり易い口調の先生がいいなっ!
素人にとってどういうところが分かりにくいのか、ちゃーんと把握されているところが、分かり易さの元だと思います。

高橋選手はモロゾフコーチについてぐんぐん強くなりましたね。存在感がちがってきました。
小柄でスタイルに恵まれていない高橋選手、
だからこそよけいにあの白鳥は圧巻でした。

私は本田選手がモロゾフ指導をうけているのを知らずに演技を見たとき???ヤグディン選手のパクリ?とホント思ったんですが、本田選手にも大人の優雅さのようなものが出てきて魅力はアップ、モロゾフ氏の振り付けは素晴らしいと思ったものです。

モロゾフの振り付けは確かに一貫した強い個性?癖?主張?があるので今ここにきて充実期を過ぎ、転換期?
どんな素晴らしい振り付けも見飽きさせないために残されてるのは選手の技術、
細かいことは分かりませんが、高橋選手はモロゾフ表現を見事にやってのけた、と思ってます。
[2009/03/08 14:50] URL | さざんか #- [ 編集 ]
>さざんかさん

ありがとうございます。
教える仕事はやってみたいとは思っているのですが…。

本田選手もまだまだ人気ありますよね。
人の記憶に残る選手というのは羨ましいと思います。
[2009/03/08 20:58] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
パンダ師匠はじめまして。
最近よくこちらのブログを拝見させて頂いてます。コメントは初めてです。
パンダ師匠は素人が本当に知りたいことを誠実に分かり易く教えて下さるのでとても有難く思っています。
ちょっと難しいかもしれないけど頑張って下さい、という様な姿勢がとても好きです。

別の元スケーターさんからいきなり紹介されたりして仲間感覚というか妙に意思疎通してしまうこともあるかもしれませんが、できれば良きライバルとして今までどおりパンダ師匠の道を歩んで欲しいと切に願っています。
[2009/03/09 11:12] URL | かりん #H8HsapLU [ 編集 ]
管理人様、ランキングUPおめでとうございます。(ランキングはどこを見ればわかるのでしょうか?) 
今のフィギュアスケートファンには少し専門的なことも知りたいと思っている方はけっこう多いと思いますのでこのブログのことが口コミなどで広がればまだまだランクUP期待できるのではないでしょうか。
高橋選手の特徴の説明非常にわかりやすかったです。ありがとうございます。他の選手でもこのシリーズつづけてほしいです。
海外のTV解説では選手の特徴や良い部分(たとえば浅田選手の膝についてなど)やその選手の演技プログラムにも少しふれた解説が聞けるのですが、日本のTV解説者さんからは『ジャンプが高いです』とか『スピードがありますね~』などといった(いづれも観ててわかること)コメントしか聞けず残念に思っています。
もっと個々の選手の演技の良いところなどの技術的な解説などもしてほしいと思っているのですが・・・。
[2009/03/09 16:36] URL | アイ #0M8gSwyE [ 編集 ]
連投すみません。ランキングの部分今下側スクロールしてはじめて気づきました。
管理人さん3位、表彰台ですねv-237おめでとうございます。v-411
[2009/03/09 16:44] URL | アイ #0M8gSwyE [ 編集 ]
>かりんさん

はじめまして。
そう言って下さいますと、励みになります。
「ちょっと難しいかもしれないけど頑張って下さい、という様な姿勢」はまさにその通りです。
ご理解いただき、恐縮です。

>アイさん

ランキング、ご協力ありがとうございます。
ランキング画面のプロフィール→ランキングポイントを見る…とクリックしていくと、詳細なポイントが見れたりします。
それはまあいいんですが、当ブログ内のボタンをクリックしますと、そこの「週間IN」というポイントが10ポイント加算されるんですね。
コレが多いとランキングが上がっていく仕組みになっています。
調度、一週間分の合計ポイントがそこに表示されているポイントなんですが…。
昨日、それが470ポイントも増えたのでビックリですよ(ちょっと前まで10とか0とかでしたから…)。

た…高橋マッジックか!
これが!!

でも…一週間後にはその470ポイントが消えて無くなるので…また順位が下がるかも…。

解説は…そうですよね、一般の方でも見て明らかなことは解説しても有り難みがないんですよね。
そんなんわかってるっちゅーねん! …みたいな。
一般の方では分からないような部分を、スケーターならではの視点で解説をするのが解説者の役割…だと私は思っています。
[2009/03/09 20:15] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
田村さんのランディングやステップを褒めていらっしゃると思ったら、続いて「全然話題になりませんでしたね」とは(笑)自国での開催だった長野五輪やその後の彼の人気ぶりをご存じないのならば仕方ないですが、田村さんはいわゆる「イケメン」ですし、人気では本田さんより田村さんのほうがあったぐらいじゃないかと思います。試合では花が降りまくり、リンクサイドに女性が押し寄せていましたよ。NHK杯や全日本であれを目の当たりにしてしまった者としては、よけいな事とは思いつつコメントせずにはいられませんでした。
これからもブログを楽しみに読ませていただきますね。
[2009/03/10 01:07] URL | akky #SFo5/nok [ 編集 ]
管理人様
高橋選手の考察、すごく参考になりましたー!
ところで…、男子と言えば四大陸男子シングルで、4回転なし、3A1回のP.チャンがとても高い点数をもらっていたのに驚いているのですが、素人には「確かにスケーティングはうまいけど…」と漠然と思うだけで、あれだけの点数が出る根拠がわかりません。
元スケーターの管理人様の目から見て、どう思われますか?
(超おヒマな時にP.チャン分析してして欲しいです☆)
これからも、細く長くマイペースで更新なさって下さい♪
[2009/03/10 01:27] URL | ポー #- [ 編集 ]
>akkyさん

うっ、確かにそうだったかも…(垂れ幕とかもバンバンあったような…)。
人気度についてはあまり気にしていなかったので、その点の印象が薄かったのかも…。
あと、長野五輪後の数年は、スケート放送を見ることに興味を無くしていた時期でしたので…。

田村選手ファンの方々、スミマセンでした…。

該当記述は削除しておきます。


>ポーさん

パトリックチャン選手は、外国人現役男子シングル選手の中では一番好きな選手です。
比較的スケートが上手なことと、ジェフリーバトル選手を彷彿とさせる伸びやかな演技が特徴的な選手だと思っています。

ただ、四大陸の得点については私も疑問に思いました。
その辺りは「2009四大陸選手権について」というエントリーを参照してみて下さい(目次のページ等からすぐ見つかります)。
まあ、結局理由は私もよく分からないので、ルール関係のお話ということでしたら、左のリンクにあります「フィギュアスケート資料室」さんのところの質問専用掲示板で訪ねてみて下さい。
きっと詳しい方が教えてくれると思います。

…でも、結局は、たまたまジャッジの主観にブレが大きく生じただけ…というような気もします(詳しくは「パーソナルベスト? シーズンベスト? 何それ?」のエントリー参照)が…どうでしょう?
[2009/03/10 13:23] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
管理人様
おお~、管理人様はパトリック・チャン選手が現役で1番お好きなのですね!
管理人様の「2009四大陸選手権について」のエントリー読みました。
(↑すいません、この記事読んでなかったので、質問しちゃいました)
点数については、、、そうですね、試合毎に違うし、、、
彼が1位という順位に異存はないので、異常な?高得点は見なかったことに…;
参考になりました。 ありがとうございます。
[2009/03/10 19:40] URL | ポー #- [ 編集 ]
>ポーさん

「外国人」の中で、ですよ。 ;^_^)
[2009/03/10 20:43] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/03/10 23:39] | # [ 編集 ]
>○○さん(一つ上の方)

えーと、それはネタにしても構いませんか?
あと、頂いた文章から幾つからも言葉を使わせてもらうかもしれませんが、そちらも構いませんか?(できれば、知ってるだけのソースも頂けたら嬉しいのですが)

お返事お待ちしています。(非公開コメでOKです)
[2009/03/11 20:13] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
スミマセン、訂正
×「頂いた文章から幾つからも言葉を使わせてもらうかもしれませんが」

○「頂いた文章からも幾つか言葉を使わせてもらうかもしれませんが」

…コメントの事後編集の仕方が分からないよ…fc2ブログ…。
[2009/03/11 20:17] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/03/11 22:49] | # [ 編集 ]
昔の記事にすみません
初めまして、ぢぢと申します。

私、全然滑れない、観戦専門なのですが、こちらのブログとても面白いと思います!
今後、愛読させていただきます。

私はジャンプが好き(ジャンプしかよくわからない…)なのですが、「●コンビネーションのセカンドジャンプがちょっと変?」というのにすごく共感しました。
高橋選手2A以下のジャンプが3回転以下と違うなぁと思います。(2010世界選手権の最後のジャンプを見てそう思いました。)
何でだろうと思ったのですが、多分癖ということなんですよね。
個人的には「わざわざ跳ばなくてもいいんでは?」と思うのですが、新採点で点数稼ぐためには仕方ないんでしょうね。。。

また、記事楽しみにしています。トラックバックのお願いもしたいです。そのときは依頼いたします。

また、拝見させていただきます!
[2010/04/25 19:24] URL | ぢぢ #- [ 編集 ]
>ぢぢさん

はじめまして。
記事を楽しんで頂けたのであれば幸いです。
トラックバックは…ブログをやっておきながら全然その存在意義を把握していない私だったりします…。

…やや関係ないですが、セカンドジャンプにトリプルを跳べる余裕がある場合でもダブルに抑えなければならない(ジャンプの制限に違反しないために)…というのは、スポーツとして何か間違っているような気がするんですよね。
[2010/04/26 21:43] URL | 管理人 #znV3k9no [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/25-2fc2f48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
高橋大輔 2ch
高橋大輔が犯した意外な失敗高橋大輔ってフィギュアスケート選手は誰でも 知ってると思うけど、先月のサンデースポーツでも インタビューの映像が流れてたしね。 高橋大輔 サンデースポーツ マターリ.(続きを読む) 高橋大輔すごかったね&#12316;!高橋大輔は最近話題なの...
[2009/03/18 06:50] ★youtube最新動画ニュース
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。