スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
一歩進んだジャンプの見分け方 #02

プレパレーションとは英語で「準備」を意味する言葉ですが、フィギュアの場合は

 

「特に、ジャンプやスピンに入る前の一連の準備動作」

 

を指します。

 

 

このプレパレーションですが、実は6種類ある各ジャンプについて、

それぞれ何パターンかの定番プレパレーションが存在しています。

 

 

解説者等フィギュアに詳しい方(以下、フィギュア通と略します)は、

この定番プレパレーションを当然記憶しています。

 

 

故に、フュギュア通は、プレパレーションを見ることにより、

選手がどのタイミングでどのジャンプを跳ぼうとしているのかを、

実際にジャンプがなされる前に大体判断できてしまうのです。

 

 

どのタイミングでどのジャンプがなされるのかの心構えができてしまえば、

あとはもう簡単。

 

 

実際にジャンプが意図されたタイミングでなされた時に

どのエッジを使ったか確認をし、

「ああ、やっぱりあの種類のジャンプだったな」と最終判断を

すればいいだけのことです。

 

 

…という訳で、

フィギュア通はそのような一種の予知能力を持っていますので、

簡単にジャンプを見分けることができるのです。

 

 

そしてこの能力は、各プレパレーションを把握することで

習得することができます。

 

 

さて、それでは実際に6種類の各ジャンプについての

定番プレパレーションを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

…と、言いたいところなのですが。

 

 

その前に。

 

 

フィギュアを知るにあたっての技術的基礎知識を

幾つか押さえておく必要があります。

 

 

まず、エッジの種類。

 

 

詳細な説明は省きますが、簡単に説明しますと次のようになります。

 

 

実際に自分がスケート靴を履いている姿を想像して読んでみて下さい。

 

 

・フィギュアのブレード(=靴の下の金属の部分)には、実は刃(=エッジ)が2本平行に付いている(包丁のような一枚刃ではない)。

・ブレードの、身体の内側方向に付いているものが「インサイド・エッジ」、身体の外側方向に付いているのが「アウトサイド・エッジ」。単に「イン」「アウト」とも呼ぶ。

・つまり、物理的には左足右足併せて4本のエッジが存在する。

・ただし、意味的には、これに前進(フォア)・バックの概念を加え、計8種類のエッジ(※)が存在する。

(※)左フォアアウト・左フォアイン・左バックアウト・左バックイン、及びこれらの右足版で、合計8種類。

 

 

次にターンの種類。

 

色々種類はありますが、ここで押さえておくべきは

「スリーターン」と「モホークターン」。

 

 

厳密にはもっと細かく書く必要がありますが、誤解の可能性を承知して、

ここでは簡単な説明にとどめます。

 

 

「スリーターン」

・フォアからバック、或いはバックからフォアに向きを変えるターンであるが、ターンの前後で同じ足を使用する(つまり片足だけでターンします)。

・そのとき、氷についたエッジの軌跡が「3」の字のようになるようなターンをスリーターンと呼ぶ(名前の由来はこれです)。

・ターンの前後でフォアとバックが入れ替わるのはもちろんだが、インとアウトも入れ替わる(例えば、左フォアアウトに乗っていてスリーターンをすると、左バックインになる)。

・エッジの種類数だけスリーターンの種類があり、計8種類のスリーターンが存在する。

0001_スリーターン 

 

「モホークターン」

・フォアからバックに向きを変えるターンであるが、ターンの前後で違う足を使用する(つまり両足を使用します)。

・「右フォアイン→左バックイン」とその左右逆バージョン(左フォアイン→右バックイン)の2種類がある。

0002_モホークターン  

 


…さて、いかがでしょうか?

 

 

この時点で既に頭が混乱している方もいらっしゃると思います

…が、なんとかがんばって想像力を働かせて理解して下さい。

 

 

床の上で実際に足を運んでみたり、

TVの放送をビデオに撮ってコマ送りで見てみたりするのもいいと思います。

 

 

では、いよいよプレパレーションの実例の説明に入ります。

 

 

(つづく)

スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/01/15 21:00] | 一歩進んだジャンプの見分け方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<一歩進んだジャンプの見分け方 #03 | ホーム | 一歩進んだジャンプの見分け方 #01>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/3-ea1a4dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。