スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2009ファイナル・雑感
ファイナル・得点詳細


今回の試合、ショート終了時点までは中々「熱い」(特に男子)展開だったのですが…。

フリーでちょっと腰砕けになっちゃいましたね…。


…以下、また適当な感想を適当に書いてみます。

一部、批判的なことも書いていますが、私見に過ぎませんので、余り気にしないで下さいね。


● 高橋大輔選手…ショートは素晴らしかったのですが、フリーがボロボロすぎて残念でした。ジャンプのミスはもとより、スピンのミスが目立ったのと、特にルッツのプレパレーションで踵を引っかけるという信じられないミスが印象的でした。演技に入る直前のアップの映像で、高橋選手の左手の親指が震えている(よう に見えた)のが見え、「もしかして緊張感が悪い方向に…」とちょっと悪い予感はしていたのですが…。でもこの状態でもPCSのスケーティングスキルが 8.45というのは五輪に向けていい傾向だと思います。…あと、フリーのストレートラインがレベル3取れないのはどういうことじゃらほい?(全くの推測ですが、リンクの端まで行ってしまった後にまだステップを踏んでいる(その部分がストレートラインから除外される?→レベルの要件を満たせなくなる?)のが拙いんでしょうかね?)

● エヴァン・ライサチェク選手…PCS出過ぎじゃないでしょうか? スケーティングスキルにせよ踊りの上手さにせよ、高橋選手と肩を並べるPCSを出してい ますが、そのレベルにあるとは到底思えないのですが…。同じアメリカ人ということなら、ライサチェク選手よりジェレミー・アボット選手の方がスケーティングは明らかに 上手だと思うところで、しかしながらスケーティングスキルの点差は相当ある(フリーだとアボット選手よりライサチェク選手の方が0.65も高い)という…。

● ただライサチェク選手、これまでより良くなってきたのが「ジャンプのランディングに際しての左脚の処理の仕方(閉めた左脚のほどき方)」なんですよね。こ れまではこの部分にとても強い癖があり、物理的な流れとして自然とはとても言えず、かつ美しいとも思えない…ということで、彼を(個人的に)好きになれ ない原因の一つとして認識していました。…が、この点が(完全ではありませんが)随分改善されてきたんですよね。大人になってジャンプの技術が固まった段 階でジャンプの癖を直すというのは難しいことだと思うのですが、よく改善してきたなと思います。

●キムヨナ選手…PCSが適正値に戻ってきたような気が。

● アリーナ・レオノワ選手…フリーでは持ち前の笑顔が出ず、ちょっと気の毒でした。…全然関係ないですが、ルックスからかスルツカヤ選手を彷彿とさせる彼女 ですが、個人的にはセンス的にエレーナ・ソコロワ選手と似通っているように思います。ショーナンバーのような明るい曲に乗って笑顔を振りまきながら演技を する…そんな演技が出来る…といった様がエレーナ・ソコロワ選手にそっくりなような気がします。

●安藤美姫選手…PCSが出過ぎなような…。順位については「フリーで守りに入ったのが裏目に出た」というのが第一印象でした。

● 鈴木明子選手…PCSがかなり低すぎるような気がします。特に踊りの上手さは飛び抜けていると思うのですが…(好みが問題とならないほど明らかに上手だと 思います)。…ただ、PCSのジャッジごとの内訳を見てみますと、例えばフリーで8点台がいると思えば5点台もいる…と結構票が割れているんですよね。今 後点数を高くつけるジャッジが多く出てくる可能性はあるかもしれないですね。…要素の構成としては2A+3Tやルッツを回避(ルッツは一度入れています が)しているので余りパッとしませんが、今回(のフリー)はノーミスで、とてもよかったです。…あ、そういえば、鈴木選手の(セカンドジャンプの)2T…やや「ま たぎトウループ」ぎみですよね…。2Tを絡めたコンビネーションでGOEの加点が出にくいのはこのためかも…。
スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2009/12/07 20:03] | 試合感想 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top
<<2009全日本選手権・雑感 | ホーム | 不勉強で恐縮ですが…>>
コメント
お待ちしてました!
ファイナルの雑感、まだかな~と楽しみにしておりました♪
解説が師匠の苦手なあの方・・・(苦笑)。リアルに、「うるさい! 黙れ!」と叫ぶ師匠を想像して、なおさら楽しく観戦しました(?)。

高橋選手のフリー(涙)。本当にボロボロ・・・ 正直もう4回転はいっそ諦めたほうが? と思いました。ステップのレベル・・・ ずっとオール3を並べられない状態なんですよね。もう4試合目だというのに。信じられない・・・

ライサチェクのPCS・・・(呆)。どんどんインフレしますよね。昨シーズンの全米ではアボット選手のPCSが80ぐらいで、ライサチェク選手が73ぐらいだったんですよ! 国内大会でその程度だったのに・・・それがこのうなぎのぼりの評価って・・・世界王者のハクがついたからでしょうか? 

でも、きれいな印象になってきたのは、師匠のおっしゃるような努力があるのですね。

鈴木選手のPCS(号泣)。低すぎる! フリーのデキは一番よかったかと。PCSで9点もヨナ選手と差をつけられるって・・・ヨナ選手はセカンドの3Tが2つとも失敗で、鈴木選手はほぼ100%に近いできですよね。あれ以上、どうしろと? 4回転飛ばないと勝てない!?
それじゃ、もう評判点だけで、鈴木選手はヨナ選手には勝てないことになり、競技をやる意味がないと思います。

安藤選手は、右ひざが悪かったそうですよ。今日のニュースで明かされてました。
[2009/12/08 00:03] URL | 美由紀 #0Rc.9U3Y [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/12/08 08:57] | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/12/09 19:51] | # [ 編集 ]
こんばんは^^
管理人様、お久しぶりでございます。

先日のファイナル、私はSPの日のみ現地観戦でしたが、大ちゃんファンの私にはあのSPの日は本当に素晴らしい日でしが。FSはその逆ですが(苦笑)本人も演技後、二つ目のアクセルの後もう失敗できないと焦って頭の中真っ白になったと言っていたので、確かに緊張が悪いほうにでたという演技だったんでしょうね。あとから靴の話やらいろいろありましたが、あのエレメンツの決まらない中、終始表情やマイムといった演技をすることについては最後まで演じきった感がありましたし、本人も今までで一番演じれたというようなことも言っていましたので、全日本ではさらに良いものを見せてくれると思います。

エヴァンとアボットについての意見は詳しいことが分からない私ですが、管理人様の言われることと私が受けた印象は同じでした。

あっこちゃんについても、細かい技術面での取りこぼしを考えるとTESはわかるとしてもPCSについてはリンクを縦横無尽に生き生きと演技していたのでなぜPCSがあそこまで抑えられるのか不思議でなりませんでした。
安藤さんの演技も、彼女自身かなり見た目の受ける印象が昔とかなり変わり、とってもなめらかできれいになった部分が多くあったのですが全体に緊張感が影響したのか、疲れた感じもあり、覇気がないように見えてしまいましたが、PCSにはそういう部分影響しないのですね。ヨナ選手についても同意見でございます。

[2009/12/09 23:03] URL | ぼん #- [ 編集 ]
>美由紀さん

解説者は…夢は期待通り裏切られ…という感じで…。

高橋選手の4回転はですね、恐らく本人としては「ともかく五輪までに一度でもいいから試合中に成功しておきたい」という気持ちが強いんじゃないかと思います。
一度でも成功していると不思議とまた成功するようになることが多いですので…。
なので、確か本人も言っていたと思いますが、調子の好不調に関わらず挑戦することが大事…(4回転を含めた完全復活のために)場数をこなすことが大事…ということなんじゃないかと思います。

アボット選手は…佐藤有香さんについたためなのか、単にプラシーボなのかは分かりませんが、スケートが急に上手になったような気がして、好感度上昇中です。

鈴木選手は…何でPCS出ないんでしょうね…?
女子シングルの出場選手の中では踊りとか一番だと思うんですが…。


>ぼんさん

おお、生観戦されたのですね。
今回のショートは見応えがあったので、現場では相当「熱」がこもっていたことでしょう。
その場に居合わせたのであればラッキーでしたね。
チケットとか、今は結構高いんでしょうか?

…因みに、生観戦とTVで一番異なるのが、「生観戦の方が選手のスピードが分かり易い」ということではないかと思います。

高橋選手の2回目のアクセルは、右脚の振り上げ時に恐らく(右のブレードで)氷をかすっていますよね(「チッ」という音がTVでも確認できると思います)。
これがミスの一原因かも知れませんね。

鈴木選手については私も不思議で…。

安藤選手は…確かに昔よりは(踊りが)上手になったような気もしますが、どちらかというと振り付けやプログラム構成で助けられている部分が強く(コリオグラファーの力への依存割合が高い?)、与えられた振り付けや構成を演じる力そのものについては余り評価できない…と個人的には思うところなのですが…。
[2009/12/10 20:42] URL | 管理人 #znV3k9no [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/12/11 00:04] | # [ 編集 ]
こんばんは
レオノワはどちらかといえば雰囲気はエレーナ・ソコロワ。私もそう思いました。笑顔がとてもチャーミングですものね。NHKの刈屋アナは頻繁に「スルツカヤ」を思い出すと仰ってますが、確かにデビュー当時の元気一杯スルツカヤなら似てなくもないかもしれません^^

今回のファイナルで女子の金メダル争いは若干混沌としてきましたね。面白くなってきたと思います。優勝候補筆頭キム・ヨナの構造はまだ揺ぎ無いと思いますが。

ジェレミー・アボット、昨季から注目してます。理屈も何もなしにただ美しいので・・・。銅メダルぐらいいけないかなと期待してます。
[2009/12/11 00:35] URL | える #LkZag.iM [ 編集 ]
師匠、いつもご丁寧かつ冷静なお返事ありがとうございます♪

解説・・・ふふふ・・・ヤッパリ!

高橋選手の4回転・・・そうですね。全日本もありますので、応援しましょう! 

アボット選手の好印象・・・私も急速アップ中です。去年よりぐっと見せる演技になったかと・・・今シーズンのフリーは、高橋選手の道を振付けたカメレンゴさんなんですよね。やや地味な印象のある選手ですが、このブログでは評価が高くて嬉しいです。衣装も去年よりずっと洗練されたかと。

安藤選手の表現力。そうですね、振付にかなり助けられている印象があります。ただ雰囲気というか、華のある選手だなと思います。モロゾフも「いつかクワンのような(表現力のある)選手になってくれれば」と言ってましたっけ。それでも、見せる振付ができてしまうのが、すごいことなんでしょうけど。衣装もすごいゴージャスですよね。資金が潤沢なんでしょうか。

鈴木選手は今季、とっても光ってます。選考がもめそうですね・・・どうなるんだろう。
[2009/12/11 04:08] URL | 美由紀 #0Rc.9U3Y [ 編集 ]
>えるさん

ソコロワ選手は、晩年はシリアスな音楽が多かったように思い、折角の魅力が活かせていないな…と個人的には思っていたりもしました。
そういう曲でないと勝てないトレンドだった…年齢に合わせて曲も大人っぽくするのが定石だった…といった事情があったのかもしれないですね。
ジュニアから上がりたての頃(明るい曲が多かったように思います)の印象がレオノワ選手に近いのかも知れません。

アボット選手、実力が発揮できれば十分メダル圏内だと思います。
五輪…男子であの選手が2連覇…というのだけはイヤだな…(ホントにイヤなんです…)。


>美由紀さん

安藤選手についてはお気持ちは分かります。
例えばストレートラインなんかで(良く言えば)派手に見せるのは上手になったような気もします(スミマセン…なんだか当てつけのような感じになってしまいました…)。

衣装は確かにゴージャスな感じですよね。
デザイナーとかに作ってもらっているんでしょうか?

…余談ですが、安藤選手、個人的に優れているなと思うのが、「ジャンプで跳び上がってからディレイして(遅らせて)回転を開始している」という点なんですね。
【「質の高いジャンプ」とは? #01】のエントリーでも書きましたが、ジャンプの理想というのは『跳んで上がってから閉めて回って、開いて回転を止めて降りてくる』というもので、これの前半部分に合致するんですね(今回のファイナルのどの選手の時かは忘れましたが、確か佐野稔氏もこの点を指摘・評価する発言がありましたよね。…あの説明だと、分かる人には分かるけど、一般の方には何を言っているのか分からないと思うのですが。…やはり解説の仕事が出来ていないと思います)。
GOEのプラス評価項目でも「ディレイド回転のジャンプ」というのがありますよね(恐らくコレに該当すると思います)。
…あと、スピンも比較的上手だと思います。


>3つ↑の方

「PCSのSS(スケーティングスキル)は、その選手の持つ滑る能力そのもので、演技の時そんなに酷い状態でなければ、そんなに上下するようなものではないはずなのでは?」という質問ですね。
実際問題ルール上どのように捉えられているのか…といった詳しい事情は私は知りませんので、以下、個人的にこうあるべきじゃないかという考えを元に答えさせて頂きますね。

…全く私も同意見です。
でも実際は、大会によって、あるいはエレメンツの出来不出来によって、あるいはそれまでの実績によって、あるいはその他の原因によって、ころころ変動する…というのが実情のような気がします。
個人的には、こういったことはあってはならないと考えます(あ、でも、後半体力不足でスピードが落ちた・エレメンツのミス等で脚を痛めてスケーティングが悪くなった…とかいう場合の評価減は有りだと思います)。
なぜなら、SSというのは、謂わば「滑りの地力」に相当すると考えますが、一朝一夕でそんなものが上達するとは考えにくく(滑りのコツを掴んで急に上手になった…とかいうことは希にあり得ると思いますが)、故に理想的にはSSの評価は「適切な評価値」からそれ程上下するようなことはあってはならないと考えるためです(まあ、身体の調子や氷との相性なんかによって滑りが違う…といったことも有ると言えば有るのですけど、それでも極端に数値が変動するほどの変化はないと思います)。
また、SSがSSとして独立に・純粋に評価されるべき…というのが理想だと思いますが、他の要因如何でその値が変動する…というのでは、理想とかけ離れていますよね。

なお、SS以外のPCS項目についても、同じプログラムを演じている限りは、やはり「適切な評価値」からそれ程上下するようなことはあってはならないと考えます。
…が、その時の本人の気分の乗り様が明らかに見て取れるほど良い…といった場合もありますし、プログラムの改善・馴染み具合…といった要因での変化はありますので、そういった変化に応じて適宜「適切な評価値」からのプラス補正をする…というようなことはあってもいいと思います。

PCS(GOEも?)については、決して「この選手は評判が高くなってきたみたいだから点数を高めにつけよう」といった思惑で点数を水増しすべきではないですよね(あるいは「この選手はまだまだ実績が足りないから評価を抑えめにしよう」といった思惑で点を出さない…というのも×)。

…と、以上は理想論なわけで…。
実際の運営上はそうも行かないのかも知れません。

ちなみに。
個人的には、SS…つまり「滑りの技術」というのは、スケーターにとっての「誇り」のようなもので、他の部分の評価が多少低くても、この部分の評価が高ければ胸を張れる…といった項目だと思うところです(スケーターにとって「滑り」を褒められることは何より嬉しいことなんですね。少なくとも私はそうでした)。
…この部分についてジャッジが「適切な評価値」を出せない…とするのなら。
既に現採点システムは崩壊しているのかも知れません…。


追伸:括弧多用の読みにくい文章でスミマセン…。
[2009/12/11 22:59] URL | 管理人 #znV3k9no [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/12/11 23:57] | # [ 編集 ]
パンダ師匠さま
ええ、そうですね。晩年のソコロワは「ロミオとジュリエット」の男性役をパンツスタイルで演じたり、チャレンジだったと思うのですがもっと似合う演目もあったと思います。
演技終了後のチャーミングな笑顔はそれはそれでギャップが胸を突きました。
[2009/12/12 15:19] URL | える #LkZag.iM [ 編集 ]
いまさらなコメントで申し訳ありません。
はじめまして、先日から拝見させていただいており、興味深いエントリーの数々を読んで勉強させていただいております。

昨年のGPFは観戦しにいきました。
安藤選手の印象はまったく同じです。
スケートがとにかく滑らない印象、ステップが滑らない印象があるのですが、ジャンプのディレイドがすっごくかっこいいのと、シットスピンが他の選手比でもとてもきれいだったと思いました。
(6分間練習で一番きれいなディレイドの3Lz-3Loを跳んでいただけに、試合で決められなかったのが悔しかった)

ライサ(あと織田君もですが)は、トップスピードにのってそこからジャンプにつなげるところはすごいと思いました。
JGPFから続けてシニアを観たのですが、6分間練習のときから、全体的に「はやっ!」とはっきり思いました。
あと、ライサはやっぱり大きいのがかなり幸いしてますよね。見栄えがします。
SSは、ステップのときのエッジの倒れ方と推進力の大きさと、あとはスピードくらいしか見分けが付かないど素人です。

スピード感に関しては、男子、ペア、アイスダンスと女子の間に大きな隔たりがあったような気がします。
(キムヨナとロシェットはまぁまだ見応えがありましたが)
ペアのドイツ組の滑りもミスはあったものの、印象的でした。
女子はシニアとジュニアの間での得点の逆転現象も気になりました。
[2010/11/24 06:13] URL | そる #- [ 編集 ]
>そるさん

はじめまして。
なるほど、あのとき生観戦されておられたんですね。
昔の記事でも構いませんので、また感想等があれば書き込んでくだされば嬉しいです。

スケートの上手さというのは、一般の方にとっては理解が難しいですよね。
この辺りは私たちも直感で理解しています(と思います)ので、説明するのが難しいんです。
まあ、見るべきトコロは色々(姿勢・膝の使い方・エッジの質…等々)あるのですが、それらがどうなれば優れているのか…というのは説明が凄く難しいと思います。
スピードももちろん上手さの指標の一つだと思うのですが、大事なのは「どうやってスピードを出したのか」という部分ですね。
力任せに走ってスピードを出しただけ…ということでは、上手とは表現できませんよね。
単純にクロスだけでスピードを出しているのだとしても、スケートの技術(膝の曲げ伸ばしの効果的な使い方・体重移動…など)を効果的に用いてスピードを出しているのであれば、それは上手と表現でき、やはりそういった部分が大事だと思います。
[2010/11/26 20:47] URL | 管理人 #znV3k9no [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/48-6f0dd5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。