スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
バンクーバー五輪の女子ショートを観て…
得点詳細(ISU)

得点詳細(ISU以外)


とうとう始まってしまいました。

注目の女子シングル。

ショートの結果は、キムヨナ選手が78.50(TES44.70/PCS33.80)、浅田真央選手が73.78(TES41.50/PCS32.28)、ジョアニー・ロシェット選手が71.36(TES39.20/PCS32.16)ということで、それぞれ1位・2位・3位となりました(注:TES=技術点・PCS=演技構成点)。

浅田選手とキムヨナ選手の点差が約5点…ちょっと厳しいですね…。

1~3位はちょっと飛び抜けてしまった感がありますが、4~11位は大混戦で、どう順位がひっくり返ってもおかしくない状況となりました。

大本命は勝てないという五輪女子シングルのジンクスがあるような気がしますが…どうなりますでしょうか?


以下、また感想(私見)を書いてみます。


==========


■浅田選手とキムヨナ選手


浅田選手の演技はベストと言えるほどの演技で、点数は全日本の69.12(TES36.84/PCS32.28:この時は3Aでダウングレード)より出ていますし、PCSも全日本と全く同じなので、悪くないですよね。

個人的には、ラスト付近のストレートラインステップでこぼれた自然な笑顔がとても印象的でした。

演技での表情というよりは、大舞台で実力を発揮できたことの喜びがあふれたような印象で、感銘を受けました。


キムヨナ選手は浅田選手の直後の演技で、とてもプレッシャーのかかる場面だとは思うのですが、キムヨナ選手も実力を発揮し切れた印象の演技。

精神力の強さというのもあるのでしょうが、精神力に影響されないくらいにジャンプの技術が安定しているというように思いますね。

点数的には、今シーズンはフランス杯が76.08(TES43.80/PCS32.28)、アメリカ杯が76.28(TES44.00/PCS32.28)、ファイナルが65.64(TES33.80/PCS31.84:この時はジャンプで2ミス)…といった流れが事前にあったわけですが、それを超える78.50(TES44.70/PCS33.80)という点数…少し高めに点数が出たということでしょうか。


キムヨナ選手と浅田選手では、TESで3.20の差が出ており、ここがやはり厳しいですね。

コンビネーションジャンプの比較では、3Lz+3T(基礎点10.00) 対 3A+2T(基礎点9.50) の対決となりますが、ジャンプ後の流れの良さや着氷のクリーンさでやはりキムヨナ選手が高く評価されるように思え、結果、GOE(=質の評価)で+2.00(浅田選手の3A+2TのGOEは+0.60)がつき、基礎点の差も加えると、ここで約2点の差がつきました。

続く「ステップからの3F」に関しても、GOEの点で浅田選手はキムヨナ選手に及ばず、キムヨナ選手がGOE+1.20、浅田選手がGOE+0.20…ということで、ここで1点の差ということになります。

この二つが大きいですね…。

フリーではジャンプの回数が増え、GOEによる差も更に広がることが予想されますので…。

う~ん…厳しいですね…。

…マスコミでは「キムヨナ選手=芸術」対「浅田選手=技術」…みたいな構図で紹介している場面をよく見かけるような気がしますが…個人的にはキムヨナ選手は技術の方が強いように思います。


PCSについては…キムヨナ選手がちょっと出すぎという印象も…。


…昨年度の世界選手権あたりからでしょうか…PCSのおかしさが顕著になってきたのは…。

それまで点数を抑えていたが、良い演技には惜しみなく点数を与える傾向になった…ということも(推測ですが)あるのかも知れませんが、それだけでは説明できないことが多すぎるような気がします(というか、そもそも現在の点数が絶対評価の建前をとっている以上、傾向云々で点数の出方が変わるということはあってはならないはずですが)。

キムヨナ選手に限らず、PCSについてはどの選手もなんだかおかしな点数が出ることが多いような気がします…。


…ちなみに、順位的には、1~3位は割と妥当な印象ですね。


■鈴木明子選手のリカバリー・点数


鈴木選手はミスがあったのが残念でしたが、いつも思いますが、リカバリーをしっかりしてきますよね。

今回の場合、冒頭の3F+2Tのコンビネーションがミスにより単独の3Fになってしまったわけで、これを必須要素の一つである「ステップからの単独ジャンプ」にしてしまい、後に予定している「ステップからの単独ジャンプ」である3Loを必須要素の一つである「コンビネーションジャンプ」にして、ミスによる失点を最小限に抑えた…ということですよね。

3F+2Tのコンビネーションがミスにより単独の3Fになってしまった場合に備えて、3F+2Tの入りにステップを入れておくことにより、3Fを「ステップからの単独ジャンプ」としてしまえるところがプログラム構成の巧さですね。

そして、3Loについては、これは「ステップからの単独ジャンプ」として跳ぶ予定で、その入り方は「右足でスリーターンを連続して3Loを跳ぶ」という難しい入り方を予定していたはずだったと思うのですが、冒頭の3Fを「ステップからの単独ジャンプ」にしてしまいましたので、もはや3Loを「ステップからの単独ジャンプ」として難しい入り方から跳ぶ必要はなく、「右足でスリーターンを連続する」というステップを省いた、通常の入り方での3Loに変更し、そこにコンビネーションを加えた…という計算があったものだと思われます。

一応、3Lo+2Tの入り方に「右足でスリーターンを連続する」というものを加えると、プラス面でのGOE採点ガイドライン(国際スケート連盟コミュニケーション第1557号を参照)にある「難しい入り」に該当すると思われ、この点でGOEを狙うこともできたはずですが…。

ここは無理せず確実に3Lo+2Tを跳びにきた…ということですね。


点数的には、61.02(TES33.10/PCS27.92)ということなのですが…。

TES面では、フリップのGOEの減点が大きいのと、ストレートラインステップがレベル4をとれなかったこと、そして最後のスピンもレベル4をとれなかったこと…その辺りが残念でしたね。

個人的には、スピンは回転速度・安定性で少しいつもらしくないように感じたのですが…気のせいでしょうか?

そして問題のPCSですが…。

相変わらず極端に低すぎる印象です(もっと出るべき)。

ファイナルでの点数が57.54(TES30.06/PCS27.48:この時は3Fでミス)というもので、PCSはほぼ変わらないわけですが…。

PE(演技力)ではかろうじて7点台が出ているものの、CH(振り付け)とIN(曲の解釈)で7点に届かない…しかも、踊りに関するこれら3項目が、SS(スケーティングスキル)7.25(このSSの点数もどうかと思いますが)を全て下回る…という、踊りの上手な鈴木選手(個人的にはキムヨナ選手より上手だと思います)の点数としては訳の分からない評価のされ様…。

理解に苦しみますね。

…気のせいかも知れませんが、やや身体が堅くなっていた印象もありましたので、その点は少しマイナスといった感じもしないでもないですが、それを加味しても全然点数が出ていない印象です。


■その他の選手の印象


ロシェット選手は気迫にあふれる演技だったように思え、良かったですよね。

PCSはキムヨナ選手同様、やや出過ぎという印象…でしょうか?


安藤美姫選手も同じく、気迫のこもった演技だったように思います。

全日本選手権の時とは随分異なる印象です。

冒頭のコンビネーションは第二ジャンプでダウングレードとなりましたが、これはそんなに悪い印象ではなく、むしろ「良くやった!」と思いました。

PCSでは、一時浅田選手に肉薄した点数をもらっていたときもあったのですが、今回はきっちり差をつけられたようで…今回のPCSが妥当かどうかという点はともかく、ホントにいい加減なジャッジングだと思います。


長洲未来選手…トリプルトリプルのコンビネーションが決まらなかったのは残念でしたね(第一ジャンプで失速したので、第二ジャンプをダブルにしたのは良い判断だったと思います)。

ジャンプに関しては、長洲選手はチェック(着氷時の決めポーズのようなもの)の姿勢が綺麗ですよね。

PCSについては、長洲選手は踊りが上手であるように思え、もっと点が伸びても良いとは思うのですが…同じアメリカのレイチェル・フラット選手より少し下というのがジャッジの位置づけですね…。


アリーナ(アリョーナ?)・レオノワ選手は、同じロシアのエレーナ・ソコロワ選手を彷彿とさせる、とても笑顔が魅力的な選手ですね。

今回はその笑顔が見れて良かったです。

笑顔…と書くと「ただ笑うだけじゃん」みたいな印象を持たれるかも知れませんが、実際に演技中に自然な笑顔を出すというのはとても難しいことなんですよね(この辺りは選手のセンスによると思います)。


フラット選手も笑顔が上手ですよね。

ラストのストレートラインステップとかも良かったと思います(滑りの技術云々というよりは、「魅せ方」が上手であるように思います)。


■例のジャッジングの件(フィギュアに余り詳しくない方には難しい話かも…)


詳しくはこのエントリーを見て頂きたいのですが…。

今回、トルコのテューバ・カラデミル選手(7番目の滑走。ショート後の順位は21位)のフリップがルッツと認定されるかどうかに個人的に注目していました。

結果は…やはり『フリップ』の認定でした。

当然そう認定されるべきなんです。

欧州選手権の時と全く同じプレパレーション(ジャンプの入り方)であるわけですが、やはりこのジャンプをルッツと認定した欧州選手権のジャッジングがおかしかったと思うところです。

欧州選手権でどういった事情があったのかは分かりませんが、仮にこれが額面通り「ジャッジにはフリップとルッツの区別さえつかない者がいる」ということであるのなら…拙いですよね…。

同じことがトップ選手に対してなされると確実に問題になる(というか、たまたま世間的に話題になっていないだけで、現状でも問題であることには変わりありません)はずで、この辺り、ISU等の組織は対処しているのでしょうかね…?

因みに、プログラムコンテンツシート(ジャンプを跳ぶ予定等を記した事前の申告書のようなもの)には、実況の刈屋さんが「最初にトリプルルッツからのコンビネーション」とジャンプ前に発言していたことから、今回の当該ジャンプについては『ルッツ』の予定が記載されていたことが推測されます。



…以下、関連しての余談ですが…。

エレーネ・ゲデバニシビリ選手(グルジア)の冒頭のルッツのプレパレーション。

形としては「左足でフォアアウトのスリーターン(※)をして、右足のトウをついてジャンプ」というものになります。

(※)ただ、この部分のエッジは不明確で、スリーターンかどうかははっきりしないところかも知れないなとは思います。でも、左足で左回りのターンをしているという点ではスリーターンと同じです。

「左足でフォアアウトのスリーターンをして、右足のトウをついてジャンプ」…字面だけを素直に捉えると、これは『フリップのプレパレーション』なんですよね。

でも、このジャンプは『ルッツ』と認定されています。

ならばこれはミスジャッジなのか?

…いえ、これはルッツで正しいと思います。

何故これが競技上ルッツとされるのか?

…私にもよく分からないのですが…おそらく、

・ターンが限りなくフラットエッジでなされたものであること

・ターン後のフラットエッジがルッツの通常のプレパレーション(のフラットエッジの部分)に繋がっていると考えても違和感がないこと

・ターン後のフラットエッジに乗っている時間が長く、通常のルッツのプレパレーションと感覚的に同一視し得るものであること

これらが原因かなと個人的には推測します。
スポンサーサイト

 


当ブログを応援して下さる方は
よろしければ押してやって下さい… m( __ __ )m
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

(※)ブログ村(ランキングサイト)のサーバーが時々重くなり、上のボタンを押しても反応しないことがあります。そういったときは時間をおいて再度押してみて下さい。ご迷惑をおかけします…。


 

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

[2010/02/25 00:34] | 試合感想 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top
<<バンクーバー五輪の女子フリーを観て… | ホーム | バンクーバー五輪のアイスダンスを観て…>>
コメント
こんばんは
浅田選手のトリプルアクセル、今まで見た中で一番美しかったです!

私も演技構成点を(上位選手だけですが)、見比べてみました。
見れば見るほど、謎が深まり、ドツボです。
訳がわかりません(涙)
浅田選手とキムヨナ選手のPCSの点差も意味がわからないですし...
順位にはある程度納得ですが、それにしても、安藤選手とキムヨナ選手はあんなに点差がありますか?
メダルは上位三人と宣言されてしまったような...(男子みたい?)
でも、最後までみんなを応援します!
[2010/02/25 01:32] URL | HINAMAMA #.KwdYFxE [ 編集 ]
私は今回、順位にも納得できませんね~。でもまあ、ジャッジングはこんなもんかな、と。もう事前に格付けができていて、メダリスト候補とそれ以外に分けてる感じに見えます。

PCSが上がったり下がったり激しい安藤選手は、つまり浅田選手が悪ければ日本代表としてメダル候補に。浅田選手がよければ、圏外にサヨナラ(要するに、メダルは1国1個で配分。ショート先着順)。

メダリスト候補のロシェットとキム選手は、よい演技をすれば高め固定。悪い演技をしても、そこそこ高めで固定。

フリーではミスが出ても、PCS高めに出して逃げ切り。

日本代表3番手で格付けされてる鈴木選手は、小塚選手同様、なにやっても低め固定。

そう考えるといっそスッキリ理解できますが?

ジャッジングはともかく、浅田選手は素晴らしかった! 

他の2選手はジャンプが完璧でなかったのが痛いですねえ。

何はともあれ、3選手ともフリー頑張って欲しいです!
[2010/02/25 03:28] URL | 美由紀 #0Rc.9U3Y [ 編集 ]
女子ショート、感動しました。演技を見てる最中にここまでウルッときたのは、演技だけにでなく、選手達の強い精神的が伝わってきたからだと思います。
浅田選手とキム選手、オリンピック初出場の、まだたった19歳なんですよね。それが信じられない程の完成度と精神的だったと思います。
一点だけ「アレ」と思ったのですが、キムヨナ選手のステップの最後の辺りでミスに見えた部分がありました(実況では何も言わなかった)が、どうなんでしょうか?
[2010/02/25 08:47] URL | 史子 #vu3fy0CQ [ 編集 ]
う~ん……
おはようございます。
女子もやっぱりもやもやする結果でした…。

浅田選手は今シーズンでいちばんの、本当に素晴らしい演技だったと思います!
でもキム選手はグランプリシリーズのフランス大会のときのほうがよかったような…。
日本人選手に対する贔屓目もあるのかもしれませんが、キム選手の方が5点近くも高いのは???でした。
ジャンプはともかく、スピンやスパイラルは浅田選手の方がポジションもきれいだし、上手に見えるのですが、点数差はほとんどないですよね?管理人さんから見ていかがですか?
とくにスパイラルの評価の基準がよくわからないです…。

鈴木選手、ジャンプミスがおしかったですね。でも、とっさの判断がすごいです。フリーではいつものように、会場を沸かせて欲しいですね!

またまたマスコミは浅田vs金ばっかりで、安藤選手や(特に)鈴木選手の扱いが小さくて、なんだかなぁ…って感じです。韓国の反応とか放送する時間があったら、安藤選手や鈴木選手について時間を割いて欲しいです…。

今の採点方法だと難しいのかもしれませんが、浅田選手がノーミス演技で逆転勝利することを祈りつつ、明日は3選手を応援したいです!
[2010/02/25 10:10] URL | たまこ #2qaJ23q. [ 編集 ]
こんにちは
いやぁ、まずは第一段階が終わりましたね。
選手の皆さん、とりあえずお疲れ様です。

私もパンダ師匠同様、ヨナ選手は表現で演じるというより技術で演じているという印象です。
ジャンプに入るまでのスピード、高さ、幅…。
007のイメージにあったジャンプじゃないですかね。
ボンドガールというよりはボンド自身を演じてるのでは?と思ったくらいです。
浅田選手は今シーズン、一番の演技でした!
良かったぁ。ただ、もしキムヨナ選手の後に滑ったらPCSはどう出たんだろ…?と気になる所です。
鈴木選手、氷と友達という言葉が似合うくらい、しっかり氷をとらえていて、私は全選手の中でスケーティングは彼女が1番だ、と強く思いました。
それだけにPCSが低いのがほんとに残念。
個人的に、PCSは彼女が1番だ!と思っています。
[2010/02/25 13:14] URL | ひとえまぶた #- [ 編集 ]
ですよね・・・
 みんな頑張りましたよ。真央ちゃんもヨナも(ヨナちゃんってなんか言いにくくて)良かった! でも、点差あり過ぎ?って思ったんですが、ここで記事、コメント見て、私だけじゃないんだと思いました。

>ジャッジの位置づけですね…。

 ほんとに、まずは位置づけありきで、そこに当てはめるためにPCSに割り振っているかのよう。「こんだけしか出しません」って決めるから、滑りのきれいな選手のスケーティングスキルでもらえる点も低い、そんな感じ。
 曲の解釈(音楽の表現)も、日本の3選手がそんなにボンドガールに追いついていないのかな・・・?

 明日はとにかく、みんな良い演技をしてくれることを期待します。
[2010/02/25 17:37] URL | satogon #nH0dgipQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/02/25 20:49] | # [ 編集 ]
PCSの点差は
フィギュアは素人ですが
あぁまたか・・・って、納得できないですよね。
ジャンプの完成度とスムーズさはキムヨナの方が若干上のような気がします。
でも、スパイラルの姿勢・バランス・美しさ、華麗なステップシーケンス、美しく伸びきったビールマン姿勢、ひざのよく入ったスケーティング姿勢など、よく見ると真央ちゃんの方が上だよなと思います。
英語でググッてみても疑問の声の多いことに驚きました。
[2010/02/25 20:50] URL | hatlabo #- [ 編集 ]
またかよ・・・的なw
上位3名から以下4位の並びも若干前後はあるものの、大方滑る前からわかるってどゆこと?的なオリンピックSPでございました。
この「順位に不満はないが点数が」が最後までつきまとうシーズンなのでしょうか?
私かに出来栄えという意味でジャンプのGOEを少しずつ上乗せされてるであろうことはわかっていましたが、GOEプラス2!すげー。
ですw
お嫌いかも知れませんが「プルシェンコ」はこのことについても「今のルールは誰か一人をを勝たせようと思えばできる」ルールだと競技会まえから言及していました。そういうことを感じさせる内容のPCSだったりGOEの評価だったりすると思うんです。

鈴木選手はやはり初OPということもあったし、ヨナの直後ということもあってなのか、若干いつもよりも精彩を欠いた内容であったと思いますが、こちらもPCSを納得できない内容の低さで順位操作が行われている気がして仕方がありません。彼女がTOP6に入った選手たちとそんなに差があるでしょうか?

安藤選手については本当に「よくやった!」です。彼女のジャンパーとしてもプライドがようやくここにきて見られてうれしかったです。ロシェットは心と気迫のこもった演技があのタンゴと同調した素晴らしい出来栄えだったとおもいますが地元とうことを考慮したとしても少し点数ですぎ、あるいは安藤選手とそんなにかわるはずはないというのが私の感想です。

いずれにしてもあすのFSで決着がつきますね。どういう結果になるのか冷静に見ていようと思います。

ところで予断ですが、アメリカのスコット・ハミルトンが、真央とヨナの点数の差について、ジャンプをあげて説明しています。
真央の3アクセルは確かに偉業だけれど、コンビネーションジャンプとしてみたときに、3A-2Tよりも3Lz-3Tのほうがより難しい。
3A-2Tは5.5回転、3-3は6回転でより多く回るから難しいんだそうです。
ほんと????
[2010/02/25 21:32] URL | ぼん #W1cL0Dl. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/02/25 22:14] | # [ 編集 ]
もう一点『アレ[i:63912]』
キムヨナ選手のステップの終わりかけ、再生して確認しましたが、やはりツルッとこけかけてましたね。
更にもう一点、スパイラルの最初で明らかにぐらついています。
なのに出来映えが同点。キムヨナ選手は多少の事では減点されないのでしょうか?
ステップに至っては、ライブで「あっ」って声が出た程の判り易さでしたのに…。
フリーのジャッジ、日本人が外されカナダ人が入ったとの情報、本当でしょうか?
[2010/02/26 12:59] URL | 史子 #vu3fy0CQ [ 編集 ]
>HINAMAMAさん

旧採点時代の頃は、割と印象と点数が一致したのですが…。
現在はスッキリしないことが多いですよね…。


>美由紀さん

本当はジャンプ等のミスがあってもPCSは原則上下すべきではないと思うのですけど…。
そういう傾向は確かにありますよね…。
絶対評価…やはり理想主義的過ぎましたでしょうか…?


>史子さん

キムヨナ選手のストレートライン、確かにラストの方でやや躓きかけたような感じになっていると思います。
一応、「国際スケート連盟コミュニケーション第1557号」の「エラーに対するGOE確定のためのガイドライン」において、『つまずき(-1 to -2)』がステップのGOE減点要素として定められてはいますよね。
これが採用されたかどうかは不明ですが、ストレートラインに関しては、浅田選手よりもGOEは低めとなっていますよね。


>たまこさん

スピン・スパイラルに限らず、各要素の採点基準は以下の文章に詳しくありますね。

Communication1557
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/comm1557j.pdf

テクニカルパネル・ハンドブック 2009-2010
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/hb2009-single2009j.pdf

GOEに関して、ジャッジが各選手のスピン・スパイラルをどのように受け取ったか…というのはプロトコル上明らかでないので、点数の説明は出来ないですね…。
因みに、個人的には浅田選手・キムヨナ選手のスピン・スパイラルは、(今回のショートに限った印象というわけではないですが)同程度という印象です。


>ひとえまぶたさん

007は、音楽が分かりやすいので、IN(曲の解釈)で点は伸びやすいのかなと思ったりしました(実際問題、これが原因となって伸びるのかどうかは知りませんが)。

踊りに関しては、私も鈴木選手が一番だと思います。
CH/PE/INでは、キムヨナ選手より上の点数がついても良いと思うのですけど…。


>satogonさん

すぐ上にも書きましたが、007は「曲のわかりやすさ」という点では有利なのかも知れませんね。
何れにせよ、PCSが各選手で適切に出ているとは言い難いというのが正直なところですね…。


>5つ↑の方

はじめまして。
「昔の方がフィギュアは面白かった」というのはよく聞く意見ですね。
私もそう思います。

ショートでの浅田選手の3Aは、史上初というのはともかくとして、基礎点としてはもう少し高くてもいいように思います。
…ただ、個人的には、基礎点の適否・ダウングレードによる減点量の適否…等々の問題は、絶対評価という現在の採点システムの根本に問題があるが故に生じる問題だと思え、旧採点方法のようなシステムにしてしまわない限りその解決は無いのでは…と思ったりもします。


>hatlaboさん

スケーティングに関してはですね…これはキムヨナ選手の方が浅田選手より優れているというように私は判断します。
バックスケート時の一歩一歩の伸びは、今大会の全選手の中で、やはり随一のものだと思いますので…。
この部分はスケート経験がないと理解が難しいかも知れません…。

スピン・スパイラルに関してはほぼ同等、ステップは浅田選手の方が優れている…というのが個人的な評価ですね。


>ぼんさん

「今のルールは誰か一人をを勝たせようと思えばできる」というのは、その通りだと思います。
…が、実際にそれが起こったかどうかということは、当事者であるジャッジ以外には誰にも分からないわけで…。

コンビネーションジャンプの難度は、単純に回転数の合計に比例するというものではないと思います。
スコット・ハミルトン氏がそう説明したのだとすると、好意的に推測すれば、スケーターとしてはコンビネーションに関して合計回転数と難度が必ずしも比例するというわけではないと思うけれども、ルール上は合計回転数が多い方が基礎点が高くなっているよね…みたいな意図で説明したのかも知れないですね。


>2つ↑の方

はじめまして。
ええと…その情報については、真偽も信憑性も分かりませんが、説得力は余り無いように思います。
「2つ↑の方」さんも、説得力が無いと思ったからこそ、私のところに訊きに来たのだと思いますし…。
[2010/02/27 20:40] URL | 管理人 #znV3k9no [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/02/28 17:16] | # [ 編集 ]
管理人さま
遅くなりましたが、採点基準ありがとうございました。読んでみましたが、う~ん、よくわかりませんでした。
たとえばキム選手のシットスピンはあきらかに腰の位置が高いような気がしますが、レベル4に加点ですよね。う~ん、やっぱり素人には理解できないです…。

みなさんと同じ意見ですが、最終的にキム選手が金メダルだったのは納得がいくのですが、最終的な点差や、ショートでの順位などは、もやもやもや…といった感じです。

でも、浅田選手や鈴木選手の演技には本当に感動しましたし、今後もルールや採点には文句言いつつも、フィギュアから目が離せないんだろうなーと思います。

これからも勉強させていただきます!
[2010/03/02 20:01] URL | たまこ #2qaJ23q. [ 編集 ]
採点方式
はじめまして。
楽しませていただいています。
主に浅田真央選手のことについて書かせてください。


今回の女子フリー、浅田真央選手を応援してたんですが、キムヨナ選手のあの得点には驚愕しました。プロトコルの加点三昧にも驚愕しました。一方でトリプルアクセルを3度も決めてロシェットと同等などと・・・ここまでキムヨナ選手との評価に大きく溝を空けられてしまったのは浅田選手にとっては相当な重症、致命傷だと思いました。(2年前のGPFで優勝したものの、3Aを2度も決めながら、ミスのあるキムヨナ選手と点数差がほとんどなかった頃に、もう流れが決まってしまっていたと思いますが)


浅田選手は4回転に着手すると言ってますが、もし本気なら五輪の金メダルは狙っていないととりました。怪我のほうが心配です。それに大技に相応の基礎点がないばかりか、浅田選手の総加点はキムヨナ選手に比べて少ないですから。金メダルより歴史的な偉業を取りに行っている、そんな気がしました。

でもいまの採点方式で勝つためのやり方も考えてほしい・・・飛べるものなら、2A-3Tを飛ぶだけでも少しは違ってくると思いますし。


審判の勝たせたい選手(キムヨナ、ロシェット、チャン)がこれほどまでに有利なのは、ちょっと手に負えないですね。


[2010/03/04 12:04] URL | ヒダリー #JalddpaA [ 編集 ]
ヒダリさま

>浅田選手は4回転に着手すると
>言ってますが

これについては、どうもマスコミの先走りのようです。浅田選手は、4回転よりも先にやることがある(ルッツのことだと思いますが)と言っているのに、勝手にマスコミが4回転のことだけクローズアップして伝えたみたいです。
[2010/03/04 13:02] URL | 美由紀 #0Rc.9U3Y [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pandamaster.blog114.fc2.com/tb.php/57-e7f8a425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キムヨナ フリー 最高得点
ドラマ マニア です 女子フィギアスケート キムヨナ1位 浅田真央2位 百代の過客の記: キムヨナ 真央ちゃんもキムヨナちゃんもすばらしいプレーでしたね。結局あの点数 ... キムヨナの涼しげな顔を真似る TVでは教えてくれないフィギュアスケート観戦術 バンクーバー五輪...
[2010/02/25 07:26] 今日のニュース速読み!
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。